--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009-01-15

ウブドのイブオカでランチ

2008年のバリ島、ウブド2日目のランチです。

夫と約束していたイブオカへ、
バビグリン(豚の丸焼き)を食べに行きました。

2006年にバリへ行ったとき、夫と私はイブオカへアタックしていたのですが、
その時ちょうど、ガルンガンの祭日のため、閉店してました。(ToT)

私は、今回と同じ年(2008年)の3月に、
ニュピ前日に行われる、オゴオゴのお祭りを見るためウブドに滞在し、
その時にイブオカ・デビューを果たしていました。

その頃、ジャラン・スウェタの店舗は改装中とかで、
営業はイブオカのお家でやってました。
大きな民家のお座敷で食べたのは、面白い経験でした。

なので、店舗は、初。
有名店とあって、前回も混んでたけど、店に近づいてゆくにつれ、
「ごった返してる」雰囲気。。。

人と人の間を、分け入り、分け入り、空いた席を探します。

奥の席はこんな感じ。
大ーきなオープンエアーの板の間の真ん中に、長ーい座卓がどーん、
壁際にもテーブルがぐるーり。

イブオカ1

当然、相席。
インドネシアの他の地域からの旅行者、
マレーシア系、東洋系、欧米系と、客層はインターナショナル。

旅行会社の制服を着たガイドさんもチラホラ。
お客さんを連れて来て、自分も一緒にランチなのかな?

みんなが床にペッタリ座って、バビグリン食べてる光景が面白い!


これが、イブオカのバビグリン。
こんがり焼けた皮、血のソーセージ、お肉を裂いて具と合えたラワール、などなど。
ボリューミーです。そして、こってりジューシー。

イブオカ2

壁に大きくメニューが張ってあるので、支払いもスムーズ。
というより、伝票などはなく、メニューを見て、自分で計算して、
出口で自己申告にて払いました。。。良かったのか?

店のつくり、雑多でにぎやかな雰囲気、
パンチの効いたお皿の内容、
イブオカでのランチが、ひとつのイベントと言う感じでした。
スポンサーサイト

theme : バリ島
genre : 海外情報

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

つなっぴ

Author:つなっぴ
今年もバリ島歴更新、
6回です。
また行きたいです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。