--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008-12-23

向田邦子の手料理

突然ですが、向田邦子です…(^_^;)

15年くらい前に、買った本です。
当時、同じアパートに住んでた友人に貸したら、
返って来ませんでした。(汗)
本に載ってる料理を、いくつか作って食べさせてくれたので、
気に入ったのか。。。

今年に入って、書店で見つけて、買いなおしました。
私が15年前に買ったお料理の本が、今、書店に当たり前に並んでるって、
それだけでスゴイかも。

奥付を見ると、33刷り。とあります。
愛されて、増刷されてきた本ですね。

私が、向田邦子さんのことを知ったのは、
彼女が亡くなった、台湾での航空機事故のニュースでした。
当時、TVで、さかんに流れていたので、そこで、お名前を知ったのです。

その後、何となく購入したのが、この本でした。

向田邦子の手料理向田邦子の手料理
(1989/05)
向田 和子

商品詳細を見る


これを読むと、
「お取り寄せ」 や、「普段使いの骨董」などを、
向田さんは、ずいぶん前に、先取りしてやってたことに驚きます。

この本をきっかけに、「父の詫び状」 を始めとする、エッセーを読みました。
自分から見ると、ずいぶんと前の時代の生活を描いたものですが、
なぜか、なじんで、何度も、読み返しました。

私は、布団に入って、「眠い、もう、限界。駄目だ~」 というところまで、
本を読むのが習慣なんですが、そんな時にうってつけです。
この本も、料理本ですが、「読んで」 ます。

寝しなに、仕事の技術書や、自己啓発本は、無理。
(睡眠薬がわりにはなります。効きます!!!でも、それじゃ、ダメなのね~。。。)

向田さんの本は、寝しなのライナスの毛布です。

妹さんの、向田和子さんが著した、「向田邦子の青春」
母に貸したら、受けました。

向田邦子の青春―写真とエッセイで綴る姉の素顔向田邦子の青春―写真とエッセイで綴る姉の素顔
(1999/04)
向田 和子

商品詳細を見る

ちょうど同じ時代に、OLをやってた母なので、
色々、なつかしかったみたいです。

死のニュースをきっかけに、向田さんを知ることになったのですが、
折々に、向田さんがご存命なら、今の世界を、どう描いただろう。
と、思うことがあります。
スポンサーサイト

theme : 雑記
genre : 日記

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

つなっぴ

Author:つなっぴ
今年もバリ島歴更新、
6回です。
また行きたいです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。