--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009-09-30

スガラ・ビレッジの朝ごはん@サヌール

朝ごはんは、ビーチに面したメインプール横のレストランで。
気持ち良い場所です。
スガラ朝7
ガムランの生演奏つき!

フルーツ、ケーキ、パン、暖かいインドネシア料理、など一通りありました。
スガラ朝4

ドリンクとシリアルのコーナー。
スガラ朝5

もちろん、エッグステーションも!
スガラ朝6

相棒氏のお皿。
スガラ朝2
卵はターンオーバーと決まってるそうです。

私の。真ん中にバナナがはめ込んであるパンケーキ。
スガラ朝3
ジャム3種を点々と乗せてみました。


うふふ~。いただきまーす♪
スガラ朝1
スポンサーサイト

theme : バリ島
genre : 海外情報

2009-09-29

Six point cafe@サヌール

ワルン・ワポでお食事の後、お茶したいね~。と寄った、
Six point cafe。

とっても、とっても、とっても、気に入っちゃったカフェです。
近所にあったら、絶対ひいきにします。

これは、ランチョンマット。
66cafe-2
ヨーロピアンテイストのような、でも絵のモチーフはバリっぽい、かわいいイラスト。

私はジャワ・ティーと、アップルタタン。アイスクリーム添え。
66cafe-4
小ぶりのリンゴがまんま焼いてあります。
甘さ控えめで、お食事後のデザートにぴったり。美味しかった♪

相棒氏は、サテとビール・・・。
66cafe-3
食べ足りなかったのか・・・。

青く光って見えるのは、ビリヤード台です。
天井が高く、ダークカラーの木を多用した、落ち着く空間。
66cafe-5
家具が大振りで、大きな藤の椅子にすっぽり座って、まったりしていると、
何時間でも過ごせそうです。

追加で頼んだ、ハーブとか、フルーツの組み合わせが面白いジュース。
66cafe-6

これも、ハーブとか、フルーツの組み合わせが変わってるジュース。
66cafe-7
こういうドリンク、種類がたくさんありました。

サヌールに来たら、ここで、夜、まったりしてみてくださーい!
バイパス沿いマクドナルドをビーチ方向へ入ってすぐです。

theme : バリ島
genre : 海外情報

2009-09-28

ワルン・ワポでディナー@サヌール

さて、スガラ・ビレッジ滞在の初日のディナーは、
イカン・バカールが安くて美味しいと評判の、ワルン・ワポでいただきました。

2006年に初めて行ったときには、今のお店の移転前で、
なんと、昼は自動車整備工場をやっている場所にテーブルを並べ、
夜のみ営業していました。

移転前と変わらず繁盛してました。
各国各種(?)の観光客、ローカルさん達で、テーブルは入れ替わり立ち代わりの満席状態。

お魚を自分で選んで目方を量るシステムは健在でした。
wapo-2

でも、食べたかったお魚のスープと、イカは、「ない」とのこと。がっかり~。
注文を取ってくれたスタッフの男の子に「なんでないの~?」と聞いたら、
「because so many many many people・・・」と疲労感漂う表情でぼやいてた(^o^)
ハイ・シーズンのあまりの混雑に、お疲れの様子・・・。

気を取り直して、注文しまくりました。

アヤム・バカール(魚屋でいきなり鶏 (^_^;))
wapo-3

イカン・バカール
wapo-4
魚の種類は不明。たぶん、プラウン?
これが一番美味しい。もっと大きいサイズでも良かったな~。

魚のスープが品切れだったため、カニのスープ。
wapo-5
辛かった。うまかった。

エビ~。
wapo-6

青菜と卵の炒めもの。
wapo-7

トマトサンバル
wapo-8
普通はお料理に付いてくるサンバル、ここは、ないのかと勘違いして、
わざわざ注文しちゃったんだけど、こ~れが!辛いのなんの!
口に入れたら、しばらく、思考停止します。

備え付けの無料サンバルは、テーブルの調味料入れにありました。
wapo-9
こっちの方がマイルドだったような気がする。

美味しかった~♪
wapo-10

ご飯、ビンタン、テ・ボトル(瓶入り紅茶)なども頼んで、トータル179,500Rp.
お安かったんじゃない?なんて満足してたけど、
後でレシート見たら、ビール1本多く頼んだ事になってるぢゃないのっ(怒)

多分、なかなかこない注文に、しびれを切らして、
「ビンタンまだ~?」って聞いたときに、新たに伝票つけられちゃったのね。
あーもう!今回、こんなこと2度目だ~。
こういうの、気付かなかったんなら、そのまんまで幸せだろうに、あとで発見しがち。
なんなんでしょ?

theme : バリ島
genre : 海外情報

2009-09-27

泊まったお部屋@スガラ・ビレッジ

私達が泊まったお部屋。

リゾートの開放感と、ゆるまった気持ちで、寛大な気分だったので、
「言いたいことは沢山あるけど、”嫌”って程じゃない」 な、お部屋でした・・・。
444-1
まぁ、リゾート仕様のおうち。と、言えましょう・・・。(てんてんてん)

開放的な入り口の前はテラスになっていて、小道を眺めながら、くつろぐことができます。
444-2

お部屋の側面は、これまた開放的なガラス張り!!!
な、なんすか!?これ?って、最初、目が点になりました。
444-3
でも、まぁ、日中、ほとんどビーチやプールで過ごしてたし、夜はカーテン閉めるし・・・。
お隣の人が、バーン!ってカーテン開け放して、平気でお部屋をうろうろしてたから、
そんなもん?って、やがて慣れたかな・・・。

あと、敷地の奥で、あまり人が通らなかったのだけど、
このホテル、たまたま東洋人のゲストは、私達だけだったみたいで、
欧米人のゲストや、バリ人スタッフが、前の小道を通っても、なぜか気にならなかったのです。
ジロジロ見るような人が、いなかったのもあるけど・・・。
でも、日本人が通ったら、落ち着かなかっただろう。と思うんです。
なんでしょう。この心理・・・。

テレビは壁掛け液晶。ベッドに寝転んで見るには、丁度良い場所かな。
奥に見える引き戸はクローゼット。これ、棚が沢山ついてて便利だった!
中にセーフティ・ボックスもあり。
444-4
TVの下にデスク。
お部屋が結構広いから、もうチョット家具が欲しい感じです。
テーブルセットとか、寝椅子とかね。

バスルームは、こちら。

洗面スペース。
444-5

シャワー・ブース。
444-6

バスタブ。
444-7
最初、このバスルームを見たとき、明るくて、きれいで、スタイリッシュで、
「わー!すてき!」って、ニコニコだったんです。

でも、夜・・・・・・。

きゃああああ!外から丸見えええええ!!!。(トイレもだよ!)
444-8
ブラインドのハネを逆に倒せば透けなくなるはずよっ!
と、思ったら、なんと、調節するハンドルが根元からもげてた・・・。

これは、クレーム?
お部屋チェンジネゴシエーションに突入?って、思ったけど、
前のホテルで、あんなことや、こんなこともあって、
お部屋チェンジにしても、もう荷物広げちゃったし、
修理や交換になるなら、人が入るだろうし、とか、色々想像したら、
なんか疲れるー。いいや。って、思ってしまい、
ハネを手でよーく馴染ませて、出来るだけ見えないようにして(笑)。
バスルームを使いました。

なんちゅうか・・・。このタイプのコテージ、新築出来立てみたいで、まだ、作りかけ?
家具入れたり、目隠しに塀作ったり、植物を植えたり、
バスルームにシャワーカーテンつけたり、ドライヤー用のコンセントを設置したり、
これから、まだ、やることあるんじゃないの?って印象でした。

このお部屋ですよ!!!
444-9
難点に少しずつ気づいて、徐々にへこんでいった相棒氏が、
「この部屋番号何だよ?ありえないよ・・・」 とこぼしてましたが、
「四 = 死」 って、日本語だから(笑)。

余談ですが、インドネシア語では、4って、「ンパッ」って発音するみたいで、
私達、事あるごとに、「ンパッ・ンパッ・ンパッ」 って言われて、可笑しかった・・・。

theme : バリ島
genre : 海外情報

2009-09-26

コテージいろいろ-スガラ・ビレッジ・ホテル@サヌール

スガラ・ビレッジ・ホテル。
その名の通り、「村」 のように、色々なタイプのコテージがあって、面白いんです。

こんなタイプや、
スガ3

あんなタイプ、
スガ2

プールに面したタイプ、
スガ4

そして、このタイプ、は、私達が泊まったお部屋と同じタイプ。
(こうやって見ると、普通の民家みたい・・・)
スガ1

写真がないけど、この他にも、違うタイプのコテージがありました。
お部屋の値段タイプを見ると、3種類しかないので、
外観の違うコテージでも、同じお値段のカテゴリーだったりするらしい?

theme : バリ島
genre : 海外情報

2009-09-25

ワルン・バビグリン@サヌール

サヌール・パラダイス・プラザのチェックアウトが12時。
次のスガラ・ビレッジへチェックインしたものの、本来チェックインは14時で、
それまでお部屋は使えませーん。との事なので、
荷物をあずけて、ご飯を食べに行きました。

ワルン・バビグリン・サヌール。
バイパス沿い。マクドナルドの交差点の、マクドナルドの向かい側にあります。
バビ7
バビがほえてる看板。

キレイで判りやすいメニューが壁にかかってる。観光客が多いのかな?
バビ6
でも、ハイシーズンでも、あのウブドのイブオカみたいな混雑はありません。
ローカルさんが3,4組、ブンクスの人が5、6人、観光客が1、2組。な感じ。

バビグリ~ン♪
バビ8
皮がパリパリで美味しかった。

ここは、スープが付いてきます。
バビ9
お肉の角切りがゴロンと入ってて、辛味が効いてます。

今まで行ったバビグリンで比較すると、

*辛さ
ワルン・バビグリン(レギャン) < イブオカ < ワルン・バビグリン・サヌール
*コッテリ度
ワルン・バビグリン(レギャン) < ワルン・バビグリン・サヌール < イブオカ

な、印象。

辛いバビグリンには、私は、エス・ジュルックで。
バビ10
「氷が入ってるのに。恐れを知らないなっ」 と相棒氏に言われつつ。
相棒氏は、テ・ボトル。こちらも合います。

辛いけど、美味しい~。
バビ11
バビグリン2皿とドリンクで、56,000か、58,000Rp.でした。(うろ覚え)

後日、ランチにまた行っちゃった。
2回目は、私は、アヤム(鶏)のナシ・チャンプルにしてみました。
こちらは、スープは付きません。
バビ12
スパイシーで、美味しかったけど、
食べてるうち、相棒氏のバビグリンがうらやましくなってきて、
(具が多いし、スープ付きだし・・・)
バビ屋では、バビを食べるべし。と思ったのでした。

theme : バリ島
genre : 海外情報

2009-09-24

スガラ・ビレッジ・ホテルへチェック・イン

バリ島4日目。
この日は、悲喜こもごもあった(笑)、サヌール・パラダイス・プラザ・ホテルを後にして、
次のホテルへ移動しました。
パラダイス・プラザのフロントでメータータクシー呼んでもらって、
そのホテルまで、7,850Rp.なり。近い。

次に滞在したのは、同じサヌールの 「スガラ・ビレッジ」
スガラ・ビレッジCI1
エントランス。水が流れてます。
エントランスから、こんな風に演出されてると、「うわー!」と気分が盛り上がりますね♪

ホテル名に「ビレッジ(村)」とあるのに納得。
広い敷地に小道があちらこちへ延びていて、コテージやプールが点在してます。
スガラ12
緑が一杯です。

フロント・ロビーの前にあるプール。
スガラ11

敷地内にお寺もあります。(「村」っぽい!)
スガラ10
朝には、スタッフが礼拝していました。

プールその2。コテージが囲むように建ってます。
スガラ9

そして、ご神木なのでしょうか、スゴイ巨木がまつられています。
朝、ここもスタッフがお供えしてお祈りしてました。
スガラ1
このホテルは、40年の歴史があるそうです。
歴史と共に、いや、ここにホテルが建つ前からあったのかも。と思わせる迫力。

ビーチに面した場所にあるメインプール。
スガラ15
ここはとにかく気持ちよくて、居心地良かったです。
人気なので、椅子の場所取りが大変だけど・・・。

プライベートビーチ。
スガラ7
目立つ赤いパラソルで、ビーチ側からホテルに帰ってくるとき判りやすかったな。

ホテルについては、続きます。

theme : バリ島
genre : 海外情報

2009-09-23

朝のお散歩@サヌール

朝ごはんの後、お散歩したときの風景です。

サヌール・パラダイス・プラザ・ホテルの前の道からビーチへ出て、
北上してみました。

ホテルの前の道をまっすぐ行くと、ローカルのビーチになってます。
これは、別の日(日曜日)の写真。
休日には、沢山の人たちが、バイクで海水浴に来ます。
散歩0

その北側には、ビーチ沿いに遊歩道が伸びていて、
ナシチャンプルなど売ってる屋台が並んでます。
散歩2

ビーチと行っても、ちょっと荒々しい雰囲気。
散歩3

変わった花。なんだか固そう。
散歩4

ちょっとコワい石造。
散歩5

ローカル・ビーチ付近まで戻ってくると、船着場にバックパッカー達が。
隣の島へ渡るんでしょう。
散歩6

隣の島(ペニダ島?)には、バード・サンクチュアリがあるのかな?
散歩1

theme : バリ島
genre : 海外情報

2009-09-22

ディナーの後の夜散歩&お買い物@サヌール

デワタ・ミナンでの夕食の後、ダナウ・タンブリンガン通りを、テクテクと北上しました。

通りに面したレストランのお食事風景を眺めたり、
開いてるお店をひやかしたりできて、夜でも、お散歩が楽しいです。
(歩道が広めで、ウブドみたいに穴も開いてないから、暗くても足元安心)

パントリーでお買い物しました。
ここは、高級食材を扱うスーパーで、バリの紀伊国屋か成城石井かって感じです。
夜買い物1

センセイシャのせっけんを発見!
上の写真でバックに見える木の棚と棚の間に、地味に置かれてた。
夜買い物3

ありゃ!?25,000Rp.って、安いんじゃない!?
夜買い物2
在庫一掃か何かなのかな?それとも、パントリーはこのお値段なのかしら?
もちろん、買って帰りましたとも!

ほかに、買ったのは、
ジャム1
BALI ASLIのジンジャー・ライム・ママレード
ジャム2
お味は、ライムの風味が強い~。甘さも強め。後から来るジンジャーのピリピリ感。
ジャム3

パントリーオリジナルのジンジャーキャラメル。
キャンディ1
赤い包み紙がかわいい~。
キャンディ2
甘味もジンジャー感も程よくて、結構アッサリしてます。これはおススメ!
キャンディ3


次に、ハーディーズでお買い物。
夜買い物4

ここは、品揃えが豊富で、じっくり見るといつまでもいられそう。
夜買い物5
夜は結構がらーんとしてた。

買うつもり満々だったハチミツのワインボトルほどの大ボトル
夜買い物6
カゴに入れようと、「エイッ」 と持ち上げたところで、その重さに気持ちが萎えて、
結局去年も買った250mlボトルになりました。

他に買ったもの、

パーム・シュガー。ミネラル豊富なんだそうな。
ハル1
味はまだ未確認。

バリコピ
ハル2

コリアンダー・シード
ハル3
パクチー好きの相棒氏のために。

柔軟剤モルト
ハル4
これ、スタッフに、「ボトル入りのが欲しいんだけど?」 と聞いたら、
「ない」って言ってたんだけど、なぜ?
今使ってるダウニーのボトルが空になったら、それに詰め替える。しかないのか・・・微妙。

theme : バリ島
genre : 海外情報

2009-09-21

デワタ・ミナンでディナー@サヌール

この日のディナーは、「まだパダン料理を食べたことない!」 って事で、
デワタ・ミナンへ行きました。

こりずに(笑)
マクドナルド前のブルー・バード・タクシーのたまり場から、タクシーで行きました。
名前だけだと、店の場所がわからないようで、
地図を見せたら、おっさん達が集まって、あーだ、こーだ、話し合って、
「よし、わしが行こう!」 って一人のおっさんが進み出てた(笑)。
デワタ・ミナンまで、14,700Rp.なり。

テーブルに着くと、小皿が並びます。注文いらず、これぞ、パダン料理。
パダン1

手をつけると、請求されちゃうんだろう?と、慎重な相棒氏。
パダン2
初めてなので、お料理が一体ナニモノで、どんな味なのか?
判らないので、まずはジックリ観察します。

ブンクス(持ち帰り)で買っていくお客さんが結構いました。
パダン3
あと、ローカルさんは、私達みたいな、小皿勢ぞろい形式、じゃなく、
みんな、自分でお料理を選んで一皿に盛ってもらってた。

全体的に、しょっぱ!辛!っていう、ハッキリした味。って印象。
それか、味付けしてないか。

ルンダン(牛のココナッツスパイス煮)とか、ツナのスパイス煮、
揚げたり、焼いたり、スパイス煮のチキン、は、「しょっぱ!辛!」系。

これは、アッサリ系。
テンペをカリカリに揚げたものと、豆腐を揚げたもの(まんま厚揚げ)。
パダン4
厚揚げが、かすか~な酸味があって、何だか好きだった。

あと、緑の葉っぱを茹でたの(たぶんシンコンという野菜)が、
ちょっと苦味というか渋みがあって、後を引いた。

これは、ビーフジャーキーみたいなもの。
パダン7
パキッと軽くて、美味しかった。

バリ島のワルンには必ずある、テ・ボトル(甘いジャスミンティー)。
これが、なぜか美味しくて、一人2本ずつ飲んじゃいました。
パダン5
パダンに合うのかな?(料理が辛いとか、しょっぱいせいもあると思うけど)

結局、出されたものは、ほとんど食べちゃった。
パダン8
なんていうか、「美味しい~」 って、箸がすすむ。というより、
「ん!?なんだろう。なんていうんだろう。この味・・・」 って、風に、
首をかしげながら味わってるうち、一皿空になる。って食べ方でした。

お料理が置いてあるコーナーとお店のスタッフ。
パダン9

メニューです。
パダン0
なんて言うか、思い出すと、「もうちょっと確かめたい」 ような感覚がわくので、
また行ってみたいかも。パダン料理。

theme : バリ島
genre : 海外情報

2009-09-20

火葬式@サヌールビーチ

バリ島では、7月、8月は、火葬式のシーズンなのだそうです。
さっき、シャトルのドライバーさんが、「あっち」 と指差した方向へ、
ビーチ沿いにひたすら歩いてゆくと、やがて正装した人の群れが。
kasou0

墓地の塀の外から遠巻きに見ていると、隣に立ってたバリ人のおじいさんに、
「中に入んなさい。いいんだよ。OK、OK」 と言われました。
kaso6
「私達、正装してないし、足や肩がむき出しだけど、いいの?」 と聞くと、
「布を持ってるなら巻けばいいけど、ないならいいよ」 と。 

墓地の中を見ると、観光客でも、地味な色合いのサルンで正装してる人あり、
タンクトップにショートパンツの人もあり。
kaso2

さっき、車ですれ違ったきらびやかな山車が。
kaso7

2体の遺体の合同火葬式です。
kaso8

バナナの幹のような、緑色の太い生木で出来た棺に入れられ、火が放たれます。
生木なので、棺は燃えません。
kaso10

周囲には、大勢の人々が。
kaso9
あまりしめっぽい雰囲気でもない、淡々とした空気。

火が放たれてしばらくして、
葬列でバラガンジュールを演奏してた楽団が、また演奏をはじめます。
kaso4

まだまだ、続きそうなので、私達はここで帰ったのですが、
この後、灰は海に流されるそうです。
kaso5

theme : バリ島
genre : 海外情報

2009-09-19

ビーチへ@サヌール・パラダイス・プラザ・ホテル

バリ島3日目、いよいよサヌールビーチへ!

サヌール・パラダイス・プラザ・ホテルのブライベート・ビーチは、
ボンサイ・カフェの前の、「ボンサイ・カフェ・ビーチ」 です。

ホテルからビーチへは、ホテルのシャトル・バスで行きます。
BB1

シャトルは、系列ホテルのサヌール・パラダイス・プラザ・スィートと、
スーパーマーケットのハーディーズを経由して、ビーチまで行きます。

荷馬車に揺られるドナドナ気分。
BB2

座席の位置が悪くて、ちゃんと撮影できなかったんだけど、
ダナウ・タンブリンガン通りで、お葬式の葬列とすれ違いました。
故人の写真が入ったきらびやかな山車と、正装した人々の長い行列。
迫力がありました。
BB3
こういう時は、もちろん、儀式が優先。車は葬列待ちです。
バスを降りてから、ドライバーさんが、
「お葬式は見ることができるんだよ。行ってみたら?」
って、言ってたので、後で行って見ました。

ボンサイ・カフェにようこそ!
BB4
このゲートを通ってビーチへ出ます。

なぜ?だれが?どうして!? 「盆栽」 なのか・・・。
BB5

そして、見事な枝ぶりの盆栽を、
じっくりと剪定する、しぶいバリ人のおじい・・・。
BB0

ビーチのすぐ南側に、サークルKがあります。
BB7
おやつや飲み物を調達できますね♪

こうでなくっちゃ!
BB9

う~みよ~、青いう~みよ~♪
BB10

ちなみに、びんのビンタンは、サークルKの壁についてる栓抜きで開けました。
BB00
もちろん、缶のビールも売ってますよ。びんの方が美味しいかも?と買ってみた。

theme : バリ島
genre : 海外情報

2009-09-18

換気扇事件@サヌール・パラダイス・プラザ・ホテル

この部屋、2泊目の夜中から、
「ウルルルルー」 という音がバスルームから聞こえ出した。
相棒氏は、最初、人のうなり声に聞こえて、
私がうなされてるのかと思って(時々ホントにやる)、目を覚ましたそうな。

翌朝、即、フロントに電話。
「日本人スタッフをお願いします!」って言ったら、「明日来ます」って言われて(・・・)、
電話で英語で状況説明。って大汗ものだけど、
なにしろフロントまで遠いので、頑張ってみました。

が、来るはずのスタッフ、少し待っても来ないので、「話が伝わってない?」 と不安になり、
ちょうど廊下にいたベッドメーキングのおじさんを部屋に手招きし、
「ウルルルルー」 音を聞いてもらい、
「フロントにこれ説明してちょ。部屋を交換してって伝えてね」 とお願いする。

最初、怪訝な顔をしていたおじさんは、意図がわかると、快くやってくれました。
電話中、「ウルルルルー」 と言って説明してた(笑)

朝ごはんを食べて、部屋に帰ってみると、
昨日のドライヤーのスタッフがバスルームで換気口の機械を交換してました。

bali-200908 165

ハイシーズン&この部屋数じゃ、毎日どこか壊れてるんでしょう。ご苦労様です・・・。

換気口1

ドライヤーもそうだけど、このホテルは安易に交換しないで、まず直すのが方針なのね。
(お客さんがいるお部屋でね・・・)
もしかしたら満室で、仕方なかったのかも知れないけど。
でも、どちらも、言えば真面目にちゃんと対応してくれたので、嫌な印象はないです。

私達のお部屋番号
パラ部屋0

このお部屋に泊まる人は、
ドライヤーも、換気扇も、新しく取り替えられているので、
快適にすごせますよ!(笑)

theme : バリ島
genre : 海外情報

2009-09-17

ガムラン鑑賞ージャヤ・スワラ

今年は、サヌール滞在なのに、
バリ島入りの翌日、いきなりウブドへ行った訳は・・・。

日曜日のジャヤ・スワラの公演を見たかったから♪
このグループは、以前に見て以来、また見たいなー。と思い続けてました。

公演会場はウブド王宮。
屋根がないので音が柔らかく、一番好きな会場です。
ジャヤ1
チケットを購入ちゅう♪

華やかなダンスより、楽団を見るのが好きです。
(ロックでもクラシックでも、楽器奏者の演奏の動きを見るのが好きなのです)
ジャヤ5 ジャヤ4
楽団のなかで、指揮者の様にバチを振り、タイミングを合図しながら演奏する、
ウガル奏者を見るのが特に好き。

クンダン(太鼓)奏者が大きく手を振り上げるアクションもカッコイイ!
無表情で黙々と、でも、手元はスゴイ速さでバチを操る、カンティランとレヨンの人たちもイイ!

ジャヤ3 ジャヤ2

もう、目が皿のようになってしまいます。(目で映像を録画できればいいのになーと思ったり)
なので、写真はあんまり撮らないのです。撮影に気を取られると、ちゃんと見れないし。
だいたい、ガムラン演奏とか舞踊って、動きが速くて上手く撮れないのです。
(なので、小さい写真をちりばめてみました)

もちろん、踊りもすばらしい。
このグループは、王子様(笑)みたいな化粧をした男性が傘を持って踊るダンスとか、
3人で踊るバリスとか、極楽鳥の踊り、とか、華やかな演出が独特で、見てて飽きません。
ジャヤ6 ジャヤ7

ジャヤ8 ジャヤ9 ジャヤ11

見終わって、「まだ足りない~。もう一回見たい~」 って気分でした。

theme : バリ島
genre : 海外情報

2009-09-16

ワルン・ミナでディナー@ウブド

ウブドでのディナーは、「ワルン・ミナ」で。

屋根つきの、お魚の看板が目印。
ミナ1
お向かいのマンガ・マドゥの看板がチラッと見えてます。

ウブド内デリバリーもやっている模様。
ミナ2

ここのレストランは、斜面の下の席と、上の席があり、
上の席はあずまやになってます。雰囲気良いです。
ミナ5
あずまや席から。
下の厨房の建物から、椰子ガラを燃やす煙が昇ってます。

GURAME TEPUG 29.000Rp.
SMALL BINTANG 11.500Rp.
ミナ3
グラミというお魚のから揚げ。結構ボリューミー。
揚げたピースをお魚の形に戻して(?)盛り付けてあり、ゴージャスです。
サンバルとケチャップが添えてあります。

LELE GORENG 17,000Rp.
KELAPA MUDA 5,000Rp.
ミナ7
レレというのは、なまずです。
丸揚げの姿が叫んでるみたいで、インパクト大。
見た目によらず(?)
やさしい味の、やわらかい白身が、とっても美味しかった♪
これ、おすすめですよ。

飲み物は、ケラパ・ムダ。果肉入りやしの実ジュース。
私はやしの実ジュース好きなので、これも、おすすめ!
たのんだのはグラス入りの方だけど、
雰囲気を楽しみたいなら、やしの実丸ごとのタイプもあります。

ここは、お値段がとってもリーズナブル。
なのに、定食屋っぽくない、ご馳走感のある盛り付けで、
ロケーションも雰囲気があって、気に入りました。リピート決定!!!
(蚊に刺されたので、虫除けが必要かと)

私達のあずまやに、子猫がいて、
テーブルの下から、相棒氏の素足をそっとなめて、驚かせたりしてました(笑)。
ミナ6
お魚の催促?と思ったけど、おねだりするでもなく、
「ここ、私の場所なのよ~」 ってことだったみたいです。

theme : バリ島
genre : 海外情報

2009-09-15

乾季の地面

地面

ウブドのサッカー場にて。

同じこの場所、2月の雨季に来た時は、ぬかるんで沼みたいになってた。
まわりの道をぐるーっと迂回するのが面倒で、サッカー場をナナメに突っ切ったら、
ビーサンが泥にメリ込んで脱げるわ、
ズボンのオシリのあたりまで泥水のハネが上がるわ、
途中で、「引き返した方がイイのでは!?(泣)」 って目に遭いましたが。

乾季の今は、こんなにひび割れてカチカチ。

地面に季節を感じた、そんなある日。でした。

theme : バリ島
genre : 海外情報

2009-09-14

プラットワンギせっけん工房へ行ったのですが・・・

去年初めて行った、ウブドのプラットワンギせっけん工房

相棒氏、去年、ミニソープを職場の女性達へのおみやげにしたところ、
今年はリクエストされたそうで、じゃあ、今年も行って見ましょう。と。

工房入り口の看板。
ワンギ1

草木がうっそうとした細い坂道を昇り・・・。
ワンギ2

美しい青田に目をうばわれつつ。
ワンギ3

工房へたどり着くと、人の気配がなく、シーン。としてた。
ワンギ4
お休みみたい・・・。

引き返そうとしていたところ、この敷地に住んでるらしい人に、声をかけられました。

その人は、
「今日はお休みだけど、何とかなるかも知れないから、ついておいでよ」
ってな事を言っているようでした。

「い、いいのかな・・・?」
おずおずしながら、カモン、カモンと案内されつつ、後をついてゆくと、
奥の建物から出てきた人に、
「ごめんなさい。日曜日はお休みなんですー」 と言われてしまいました。

声をかけてくれた人、
「いやー、ごめんなー。明日は8時からやってるからー」 って感じで見送ってくれました。

「いえいえ。お休みなのに、お邪魔しましたー。ごめんなさーい!」 と、帰りましたとさ。

ここは工房で、ショップじゃないもの、日曜日はお休みだよねー。
旅行中で、すっかり曜日の感覚ゼロでした。

工房へ降りる道に、
アヒル & 犬達 & デッカイおんどり達、がいて、
それぞれに激しく鳴きまくられ、「ひー!こわいー」 と、おびえた私でしたが、
「こりゃー!今日は休みなんじゃー!!」 と教えてくれてたのかも。
ワンギ5
これはアヒル地帯

theme : バリ島
genre : 海外情報

2009-09-13

毎年名前が変わる店-ウブドで生ビールを飲む♪

ウブドに到着して一番に向かった場所。
それは、生ビンタンが飲めるバー、「Waroeng」

「たしか、ここら辺だったはず・・・」「みあたらないねー」「お店なくなっちゃったかな?」
と、迷う私達・・・。

(あれ、デジャブ?去年Waroengへ行こうとしたときもこのやり取り、あったような?)

と、思ったら、店の名前とインテリアが変わってた。
去年も探しちゃったのは、その時も、店の名前とインテリアが変わってたからです・・・。

今年は(?)、LAUGHING BUDDHA BAR という名前でやってます。
budda1
あえてツッコムけど、これ、ブッダ?布袋様に見えるんですけど。

去年と同じアングルで撮った写真。うん、ここで良いはず。
ブッダバー1

なんと言っても、生ビンタンビールが飲めるし!
ブッダバー4
19,500rp.

ビールには、反射的に頼んじゃう、「サテ」!
ブッダバー3
42,500Rp.
ここのは、サテ・リリッでした。
生のレモングラスの茎に、つくね状のお肉。ピーナツソースは別添えです。

サテって、大抵、お食事の一品料理として、ご飯(ナシ・プティ)がついてきます。
が、ビールのおつまみに焼き鳥感覚で食べたいので、
いつも、「ウィズアウト・ナシ!」 と、ご飯ナシ(まさに!)で頼みます。

アラック・カクテルのなかに、「アラック・オバマ」というのがあるのを発見。
(何が入ってるのかな?)
ブッダバー6
でも、ここでもそうだし、「カユ・マニス」 でもそうだったのだけど、
少し前に、メチルアルコールが混ぜられたアラックで人が中毒死した事件があり、
私達が行ったいくつかのお店では、自主規制でなのか、出していませんでした。

相棒氏は、アラック・アタック (アラックのスプライト割り) を愛してるので、
残念がっていました。

とりあえず、この看板が目印。来年はまた変わってるかも!?
ブッダバー5
有名な、カフェ・ワヤンのお向かいです。

クリックすると、拡大されます。
budda2
A.K.A WAROENG

お店を出て、「お会計、結構かかったねー。
やっぱりモンキー・フォレスト通りって、客単価高いんだねー。」 なんて話してたんだけど、
後日、サテが2皿で計算されていた事に気づく。
ビールでいい気分だったとは言え、支払いの時には、伝票を良く確認しなくっちゃね?(ムキー!)

theme : バリ島
genre : 海外情報

2009-09-12

バリ犬

ウブドのバスステーションからモンキー・フォレスト通りへ入り、
モンキー・フォレストへの坂を下ってたら、こんな看板が目に留まりました。

Bali Dog
バリ犬1

訴えるような目をしたバリ犬の下には、
PLEASE, HELP US, TO HELP BALI STREET DOGS.のメッセージが。
バリ犬2

初めてバリ島へ行った2004年、ウブドのメイン通りに、
昼日中から、だらーん。と寝転がってる犬を沢山見ました。

怪我してたり、皮膚病だったりして、「い、生きてるの?」 という状態の犬も、普通にいて、
その風景を、バリの風物みたいに感じてたんだけど、
年々、犬の数が減ってるのが気になってました。

ヒドイ状態の犬を見なくなって、
最近は、栄養状態良さそうな、飼い犬なんだろうな。って犬ばかりになったので、
野良犬の取り締まりでも始めたのかな。なんて思ってたんだけど。
(それは、それで、なんだかな・・・。ですが)

放置されて、怪我や病気に苦しんだり、野良犬として始末されてしまう犬達の、
保護を訴える活動をしている人達がいるのですね。

バリ犬コレクションです。

サヌール
バリ犬3

サヌール
バリ犬4

レギャン (この子は洋犬が入ってそう)
バリ犬5

レギャン
バリ犬6

これ、なぜか気に入ってる写真。
バリ犬7

ところで、うちの相棒は、私が犬を見つけてカメラを向けると、
「おらぁっ!犬とるなっ!」 と怒ります。なんでだろう・・・。

まぁ、でも、自分と親しくない動物(?)。には、いちおう警戒します。
犬でも猫でもニワトリでもアヒルでもサルでもね。
(犬は特に、海外では狂犬病の予防注射してるかどうかわかんないし。)

theme : バリ島
genre : 海外情報

2009-09-11

プラマのシャトルバスでウブドへGO!

昨日の夕方バリ島に着陸!&サヌール入りしたので、
翌日は、サヌールをゆっくり味わいたいとこだけど、
いきなり遠出して、ウブドへ遊びに行ってみました。

パラダイスプラザ・ホテルの正門前の道をビーチの方へ行くと、
プラマ社シャトルバスの乗り場がある。なので、バスで行ってみることに。

バスの切符売り場、兼、乗り場は、この看板が目印。
プラマ1
ここは、おみやげ屋さんも兼ねてますが、
(宿とランドリーもやってるらしい。看板にはマッサージって文字もあるな・・・(笑))、
店の人と目が合うと、「プラマ?」 と聞いてくれます。

つい最近、バスの時間ちょい前に行ったら、もう満席で乗れなかった!
という在住の友人から、
「今、ハイシーズンだから、早く行って切符買っといたほうがいいよ!」
と教えてもらってたので、10時ごろ行って、14時の切符を買いました。

ちなみに、バスは一日4本です。(少なっ!)
時刻表は、こちら。

サヌールからウブドまでは、一人4万ルピア。2人だと、8万。
メータータクシーの場合、ガイドブックによると、約15万ルピア。とある。

1人ならバスは断然お得だけど、2人以上になると、
数万ルピア多く払って、タクシーで悠々行くか、
数万ルピアを節約して、人と荷物で満載のバスで行くか、ちょっと微妙かも。
(だから、数万の節約が生きる旅行をする人々(バックパッカー)御用達なのでしょう)

バスは15分ほど遅れてやってきた。待ち時間中、ヒマで、店のおばちゃんと話してた。
私  「レンボンガン島行きのボートのチケットもここで買えるの?」
おば 「買えるわよ」
私  「いくら?」
おば 「ワンハンドレット」
私  「100ルピアじゃないよね?」 (まさか、と思ったけどボケてみた)
おば 「100,000ルピアよ。100ルピアで行くわけないじゃない!(笑)
    100じゃ、キャンディーくらいしか買えないわよ(笑)(笑)」
と、笑われる私・・・。

よく、レストランのメニューで、45,000Rp.を、
45とか、45K(K = 1000 : ゼロを三つつけよ。って意味) って表記してるけど、
口で言うときにも、こんな風にゼロを省略するのかな?
確かに、「ワンハンドレット・サウザン」 って、面倒か。サウザン省略?

さて、よくわかんない写真ですが、バスの中です。
サヌール⇒ウブド線は、クタ&空港方面から来るので、すでに人が乗ってました。
ドライバーの後ろには、バゲッジが満載。ほとんどがバックパックです。
乗客も、欧米人のバックパッカーばかり。
プラマ2
座席は大きいとは言えないので、
身体の大きな欧米人と相席すると、通路に身体がハミデマス(汗)。

以前のウブド行きで、何度も通った道を行くのは、楽しかった♪
大きな坂まで来ると、「もうすぐだ!」 なんて。

ウブドのステーションへは、40分ほどで着きました。
プラマ3

ちなみに、帰りの最終バスは、18時。(早っ!)
なので、ウブドでガムラン見て、ディナー食べて帰ろう。って場合、
帰りの足は、別に確保しないといけません。ウブドはメータータクシー走ってないし。
私達は、車をチャーターしました。サヌールまで15万ルピアで。

theme : バリ島
genre : 海外情報

2009-09-10

サヌールのタクシー ミニマムチャージのなぞ

カユ・マニスでお食事した後、バイパス沿いのマクドナルド前に、
ブルーバードタクシーが数台停車していたので、ホテルまで乗ることにしました。

そこで、ドライバーのおっさんが、なにやら行ってきました。
言ってることが、ぜーんぜんわからなかった・・・。

困り果てていると、車のドアを開けて、ステッカーを指差してます。
そこには、ミニマムチャージ15,000Rp.とある。これを言ってるらしかった。

ミニマム

「最低1万5千かかるけど、それでもいいの?」 と。

ありゃ?タクシーの初乗りって、5,000Rp.じゃなかったっけ?
あんまりにも距離が近いとミニマムチャージ取る様になったのか?

と、けげんに思いつつも承諾したのでしたが。。。

そんなん、その時だけ。
同じブルー・バード・タクシーで、1万ルピアに満たない距離でも、何度も乗ったし、
マクドナルド前から、夜間に乗ったこともあったけど。

腑に落ちなくて、後で乗った時に、同じステッカーの内容をよーく見ると、
ミニマムチャージって、どうも、配車してもらう時のルールっぽいんですけど・・・。

「俺はもう、今日は仕事終わったんだよ。だから配車扱いにさせてもらうよ」
って、ことだったのか?
それとも、メータータクシーが、白タクに豹変するところに遭遇してしまったのか!?

theme : バリ島
genre : 海外情報

2009-09-09

「にがり」インティで買ったもの

サヌールのインティ・バリで買ったもの。その2。

にがりです。
↓ちょっと使って中身が減ってる状態です。
にがり
バリ島のおみやげとして、天然塩も有名ですけど、
変化球として、「にがり」 を購入してみました。(これボトルがかわいい~)

身体に良いようなので、もっぱら、にがり水を作ってます。
冷水ポットに、にがりを少量入れて、毎日飲んでますが、
しょっぱくない程度に、かすかに味のついたお水は、なぜか普通のお水より飲みやすいです。

にがりローションも作ってトライしましたが、今、メインで使ってるローションがあるので、
1回試してみただけ。なので、効果の程はわかりません。

theme : バリ島
genre : 海外情報

2009-09-08

「ベビーローション」インティで買ったもの

サヌールのインティ・バリで買ったもの。

inti1

ベビー・ローション」 化粧水です。

ベビロ1

これ、完全に衝動買いでしたが、ただ今、毎日、愛用中♪
カモミールとラベンダーの香りが心地よいです。

サイトにも、ふたが開けにくい場合アリ。とあるけど、ホントに開かなかった・・・。
爪が曲がりそうになったので、フタのヘリにスプーンなど差し込み悪戦苦闘しましたが、
諦めて、ふたに直接穴を開けて使ってます。
やってみて、「おおぅ。これが正しい使い方じゃないの?」 と思ってますが。

ベビロ2

キリを探して、きれいに穴を開ければ良かったんだけど、
これ、フタを明けたくて苦闘中に、思い余って、ぺティナイフを突き刺して開いた穴です(笑)。

theme : バリ島
genre : 海外情報

2009-09-07

インティ・バリ@サヌール

インティ・バリ
パラダイスプラザ・ホテルの真正面にあったので、宿泊中、3回もお買い物に行ってしまった。

inti3

ベビーローション、にがり、塩、
友人に頼まれたせっけん、などを購入しました。
それぞれ、あらためてアップするつもりです。

スパ・メニュー。
フォー・ハンズ・マッサージって、セラピスト2人からマッサージしてもらえるんでしょうか?
だとしたら、100,000Rp.って、すごいお得感です。(滞在時は1円=104Rp.位でした)
inti2
スパにあんまり熱心なたちじゃないので、気になりつつも、行かずじまいでしたが、
今、思うと、時間を作って行けば良かった~。と悔しく思います。

theme : バリ島
genre : 海外情報

2009-09-06

ドライヤー事件@サヌール・パラダイス・プラザ・ホテル

特筆すべきは、このホテルのドライヤーです。

今までのホテルのドライヤーは、「やる気あんの?」 と言いたくなるような、
弱弱しいものが多い中、
パワフルな風量があり、「髪の毛を乾かす」 という要求に、ちゃんと答えたドライヤーでした!

でも、ウチらの部屋のドライヤーは、後部のファンのフタが取れがちで、
先に使った相棒氏から、「指で押さえながら使用せよ」 との指示があり。

で、私が使い始めて間もなく、止まっちゃったんです。
うんともすんとも言わず。

で、フロントに電話です。
「ヘア・ドライヤーが働きません。ニュー・ドライヤーを持ってきてくださーい」

すぐにスタッフが来てくれましたが、その人は、ドライヤーの状況を確認するだけで、
「なるほど、わかりましたー」 って風に帰って行きました。

「ニュー・ドライヤー欲しいー」 と待っていると、
紺色の制服を着て、工具を携えたメンテナンススタッフが2人部屋に来て、
ドライヤーの状況を確認後、その場で修理を始めました。

・・・あの、壊れた方は、バックヤードでジックリ修理してもらって、
ここは、交換してもらう訳にいかないの?
洗い髪で、ベッドの端に腰掛けて、見物しながら、思う私・・・。

やがて2人は、「ダメだ!」 って風に、去ってゆきました。

どうなるの?
と、待っていると、先ほどの2人がニュー・ドライヤーを持って再びやって来ました。

ここのドライヤーは、なぜか、キャビネットの引き出し奥にコードがくっついており、
2人は、コードからナウ・ドライヤーの接続を切り離し、ニュー・ドライヤーを繋げていました。
2人がかりでキャビネットを動かして配線を確認したり、結構大変そうでした。

壊れてないドライヤーをサクッと持ってきてもらって、終わりかっ。と思ったけど、
なんだか大掛かりになって、人数が関った分、チップも余計にかかったような。。。
腑に落ちないーーー。

まぁ、結果、直って、快適に髪を乾かせたのですけど。
なんだか、面白かった・・・・・・・・・。

これです。
ドライヤー
この引き出しの周囲でしか使えませんが、キャビネットには鏡がついてます。

ホテルによっては、コンセントのある場所には、鏡がなく、
鏡の周囲にはコンセントがない。という部屋もあるので、
ここは、気がきいてる。と、言えましょう。

theme : バリ島
genre : 海外情報

2009-09-05

朝ごはん@サヌール・パラダイス・プラザ・ホテル

ホテルにどんなメンツが泊まってるのか、良くわかる興味深い場。
それは朝ごはん♪

後ろにチラリと写ってますが、こんな感じで、国際色豊かににぎわってました。
ジャパニーズ、コリアン、チャイニーズ、ジャワニーズ(?)、
ヨーロピアン(英語じゃない言葉を話す欧米系。ドイツ語っぽい人が多かった?)
パラダイス朝食1
オープンエアのレストランで食べます。
プール側にも、裏庭(?)側にも、外にテーブルがあります。開放的。

パイキング形式です。品数豊富。
暖かいインドネシア料理や、パンやケーキの種類もそれなりにありました。
パラ朝食2
手前のポットには、おかゆやスープ。"MISO"スープもありましたよ。

エッグステーションは、2人体制で行列にのぞんでました。
パラ朝食3
エッグステーション評論家の相棒氏によると、
「一人は焼き目がつくまで良く焼く派、もう一人はしっとり半熟派」 だったそう。

つい、チョットずついろんなものを取り、美学のないお皿の上。
パラ朝食4

気に入って毎食食べたのが、このケーキ。
パラ朝食5
生地が、上がふんわり、下のほうがプリンっぽくシットリ重くて、好きでした。



theme : バリ島
genre : 海外情報

2009-09-04

カユ・マニスでディナー

初日の夜ごはんです。

相棒氏 「初日はお腹が慣れてないから、コテコテローカルじゃない方が安心」
とのことで、カユ・マニスへ行って見ました。

ここがねー、もう、最初に言っちゃうと、我が家的にリピート決定!なレストランでした。

フランジバニとレモングラスで飾ったドリンク。
カユ・ドリンク
ライム・ジュース 15,000Rp.
ビール(S) 15,000Rp.
素敵なディナーが始まる予感?

ドリンクと共に出たのが、つきだし?
スパイシーなひき肉を皮に挟んで揚げたもの。
カユ・つきだし

次に、四角くて分厚いパンが出てきました。
温められて、濃い味のチーズが添えてあります。
カユ・パン
暗くて判りにくいですが、お寿司をのせるような、木の台にのってます。

生春巻き。具の鶏肉や春雨の味付けが丁度良くて、美味しい!
辛いソース(サンバル?)でいただきます♪
カユ・春巻き
生春巻き 35,000Rp.

パンプキン・スープ
思ってたのと違い、南国のスパイスが効いていて、それが嬉しい裏切り。
スパイスってカボチャに合う~!
カユ・スープ
パンプキン・スープ 20,000Rp.

このラクサが絶品!ココナツ&スパイスって、なんでこんなに美味しいの?
美味しくて、昼にラクサだけ食べに行きたかった。(でも、昼は営業してないみたい)
カユ・ラクサ
ラクサ 40,000Rp.
メニューではパスタの欄に載ってます。麺はパスタなんです。

最後のメイン。お魚です。
写真が暗くてわかりにくいけど、
ベーコンで巻いた白身魚とお野菜が、ケーキみたいにおしゃれに重なってます。
カユ・魚
スナッパー 45,000Rp.
魚がとっても肉厚!日本人としては、もうチョット薄味でも良かったな。

美味い~美味い~。と、唸りつつ、
こんな国境レスなお料理を美味しく作るシェフって、どこ人なのかしら?と思ってたら、
後ろのテーブルに、シェフらしき人が来て、お客さんと談笑してました。
バリ人のようです。どこぞの有名店で修行した人なのでしょうか?

後ろのテーブルの人達、
「うううーぬ。美味い!!料理長を呼べ!」 って、海原雄山ごっこかな?
ってふざけて言ってたら、
後で私達のテーブルにも 「お食事はいかがでしたか?」 と、にこやかに来てくれました。

「ラクサとスプリングロールとパンプキンスープがベリーグッド!」
なんて、上手い言葉が見つからない私達に、
シェフ、「サンキュー」 と、手を合わせてお辞儀してました。

昼間の外観
カユ・外観

カユ1

カユ2
場所は、サヌールのマクドナルド交差点から一本南の道を、海方面へ入ってすぐ。
まっぷる、とか、地球の歩き方、なんかに載ってると思います。

theme : バリ島
genre : 海外情報

2009-09-03

長すぎる廊下@サヌール・パラダイス・プラザ・ホテル

ここのホテル、もんのすごく奥に長ーーーいつくりになっていて、廊下が果てしない!
合わせ鏡の世界
とか、
アメリカの平原地帯に地平線まで続く道路
を思わせます。
パラダイス廊下
うわー!!!と、大笑いしてたら、
荷物を運んでくれたベルボーイ君が、「毎日がエクササイズね」 と言ってました。

フロントロビーの正面玄関まで行くのが面倒~。他にないの?と探したら、
バイパス側に、従業員や搬入搬出に使ってるような出入り口がありました。
結局そっちはトライしませんでしたが。

同じサヌールのバリ・ハイアットも歩くホテルだったけど、
バリ島は、条例で、椰子の木より高い建物を作るの禁止。だから、
大きなホテルはこうなっちゃうんですねー。

歩きたくなーい!という場合は、レセプションから近い部屋をリクエストするべし。

theme : バリ島
genre : 海外情報

2009-09-02

サヌール・パラダイス・プラザ・ホテル

サヌールでは、2ヶ所のホテルに宿泊ました。(今回、全泊サヌール)

最初に泊まったのが、
サヌール・パラダイス・プラザ・ホテル

バイパス沿いの、サヌールのケンタッキーとダンキンドーナツの交差点の一角に建ってます。

場所がバイパス沿いだし、大きなホテルで、よく団体旅行で利用される。って言うから、
どんなもんかなー。と期待してなかったけど、思ってたより、ぜーんぜん良かったです。

エントランス
パラダイスエントランス
フロントロビーから門を見る。でっかい石畳の坂になってます。
青い車はホテルのシャトル。

写真じゃそうでもなく見えるけど、お部屋は結構広々してます。
パラダイス部屋1
窓辺にテーブルセット、ベッドサイドにオットマン付きの椅子。

鏡になってる棚。上段にスナック菓子(ポテチとかチョコバーとか)
下段にカップやグラスや湯沸しポット。
パラダイス部屋2
下の扉を開くと冷蔵庫にミニバーが。
このコーナーの向いの壁には姿見がついてます。

2階の窓からの眺め。プールビューです。良い眺め♪
パラダイス部屋3
建物は、川の様に細長いプールを囲むようにコの字型に建ってるので、
おそらくどの部屋もプールビューと思われます。

残念なのは、テラスがないこと。部屋でノンビリするときにテラスでくつろげると良かったのに。
(一階のお部屋には、テラスがあります)

しかーも、この窓、はめ殺し。
窓を開けてる部屋もあったけど、うちの窓は取っ手が壊れてグラグラして開かなかった。
なので、部屋では常にエアコンをかけてました。

バスルームの写真がない!・・・ごくごく普通なパスルームです。

リゾートホテルの中には、時々、
ロマンチックなデザインで、雰囲気満点なんだけど、
住んでみると、「なんじゃこりゃ!?」 な部屋ってありますが、
ここは、シンプルでスタンダード、
なんでも過不足なくそろった、使いやすいお部屋で快適でした。
(いくつかプチ事件がありましたが・・・それはまた)

他にも、このホテルには、

フリーで使えるフィットネスルームがありました。
リゾートに来てまでマシンで鍛えてる人々(almost all 欧米人)が、目にめずらしかった・・・。

日本人ゲストリレーションがいるそうです。
毎日出勤ではないようで、お目にかかれませんでしたが。

フリーで参加できるアクティビティ・プログラムが充実していて、面白そう。
・インドネシア語レッスン
・ナイト・マーケット見学ツアー
・民族衣装記念撮影
・ヴィレッジ・ウォーク
他にも沢山。

ベビーシッター・サービス、キッズクラブ、ペアレント・エスケープ・プログラム、
のサービスもあるそうです。

などなど・・・

あ、ここは日曜日の飲茶食べ放題で有名みたいだけど、
飲茶レストランは改装中でクローズしてます。
「たぶん9月半ばにオープンします。」 って、案内がでてました。

theme : バリ島
genre : 海外情報

プロフィール

つなっぴ

Author:つなっぴ
今年もバリ島歴更新、
6回です。
また行きたいです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
カレンダー
08 | 2009/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。