--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009-02-28

ユニコーンのシークレットライブ♪ [ 当日 ]

ユニコーンのシークレットライブ。当日です。

さてさて、主催者から届いたのは、こんなメールでした。
---------------------------------------------------------------------
「ユニコーンシークレットプレミアムライブ」にお申込みありがとうございました。
厳選なる抽選の結果、ご当選されました。(このメールは申込者にのみ配信されています。)
キャンセルや変更、他人への譲渡は固くお断りいたします。
[集合時間]2/27(金) 15:00(時間厳守)
[当日の予定]
身分証明書で本人確認→バスで移動→17:30開演→
公演終了後バスで横浜に移動→随時解散 21:30予定
※順番に移動していただくため、現地に到着しても開演時間までお時間があく場合があります。
[注意事項]
・お名前が確認できる写真付き身分証明書を必ずお持ちください。同行者も必要となります。
アーティスト登録コースの方は、ご自分のCDでもOK。
・最終の集合時間(15:20)に遅れた場合は無効となり、参加できません。
・お一人様につきバス代¥1,000をご負担ください。
---------------------------------------------------------------------
4万人の応募があったそうです。(驚!)

集合場所には、大型観光バスが沢山待っていました。壮観!
バス
バスは50台用意されてたそう。

発車したバスから撮影した写真。次の出発を並んで待ってる人々。
この日は、一時、みぞれ混じりになった冷たい雨でした。
並ぶ

車内はバンドのVTRが流れ、ノリノリな雰囲気。
社内2

そして、VTRの中で、会場の席順が知らされました。
なんと、座っている席のカバーに仕込まれていたのです!
会場で最前列か後ろの席かは、乗ったバス、座った席の運。
カバーをベリベリはがして、それがそのままチケットになりました。

カバーにはツアーのシンボルイラストが入ってます。こりゃ永久保存だ。
カバー

どこへ行くのか知らされないまま、バスは高速に乗り、
湾岸沿いを東京から離れて行きます。
1時間弱で着いた場所は、横須賀。「よこすか芸術劇場」 でした。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
ライブ本番。テッシーのMCによると、この日はツアー『ゼロ番目』の公演。

曲や演出の内容は書きませんよ。
ライブへ行く人は楽しみにしてください。
「わー!」と驚いたり、笑えたり、もう、200%楽しめることうけあいです。

TVでは、民生の 「もう年なのでツアー不安です」 なんて発言もありましたが、
おっさんパワーはすごいです。メンバーは油乗りまくり。
今は今で、最高に魅力的なんじゃないかと思いました。

でも、中盤で、民生がひざに手をついて辛そうに、
『曲を詰め込みすぎた。本番は減らすかもしれない。今日のみんなはラッキーだ』
って言ってた。23曲やったけど、どうなるんだろ!?

あと、私はステージ脇で上から見下ろす席だったんだけど、
EBIがボーカルの曲で、ハンドマイクでステージを歩きながら歌ってるとき、
時々足がもつれてるのが見えた(^o^)。
「ツアー始まったら『絶対泣く』って言ってたけど、
今日は初日でガチガチでそんな余裕ないです」って言ってた。(笑)

ステージでは、「微笑みのドラマー」(勝手にあだ名つけた・・・)
川西氏のパワフルさが光ってました!

そして、アンコールまで、手抜かりなく驚きの演出が!おなか一杯になりました。
♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

戦利品↓

シークレットライブ限定Tシャツ。
バックに、「YES I AM EXPERIENCED!!」 の文字が。
T1

袖には、シリアルナンバーが。
T2

拾ってきた。
銀テープ

ツアーの機材車「ユニコーン号」じゃ!
ツアーバス

いまだ興奮さめやらない。しばらくは 「一人ユニコーン祭り」 をやる予定。
スポンサーサイト

theme : LIVE、イベント
genre : 音楽

2009-02-27

シークレットライブ♪ [ 前振り ]

今日は、これから、再結成したユニコーンのシークレットライブへ行ってきます♪

このライブは完全招待制。
たまたま募集元のe+の会員だったので、ダメ元で応募してみたら。。。

当たった!ラッキー!ウキー!!

「おおぅ。今年は幸先いいー!」
「ああー。でもまだ2月なのに、今年の運をこれで使いはたしたかなー」
などと、嬉しさにアワアワしてたら、
相棒君が冷静に「年度で考えればいいじゃん」と。

なるほど。2008年度の運を最高の形で使えました。ありがとー!

ライブ会場は、関東某所。。。
約2000人の当選者には、事前に集合場所と時間のみが通知される。
そこから会場までは全員がバスで移動。。。というミステリー・ツアーっぽい企画。

でも2000人の移動ってスゴイ。大変なことになりそうな。

私が通った小学校の全校生徒が1800人位だったなー。
(少子化の昨今ぢゃ考えられない規模だよ。都心のベッド・タウンでマンモス校だったのだ)

さて、さて、どうなるか!?
ドキドキ・ワクワク・・・

シャンブル【初回生産限定盤】シャンブル【初回生産限定盤】
(2009/02/18)
ユニコーン

商品詳細を見る

theme : LIVE、イベント
genre : 音楽

2009-02-22

プラットワンギ石鹸工房 [ バリ島 2008年10月 ]

ウブド3日目。朝ごはんの後、プラットワンギ石鹸工房へ行ってみました。
工房の近くの、レストラン 「マンガ・マドゥ」 まで、ホテルの車で送ってもらいました。

マンガ・マドゥの前の道を奥へ向かって歩いていくと、
ほどなく、道の右手に工房の看板が立ってます。
看板
この細い坂道を登っていきます。

すると、すばらしい田んぼビューが。風景を満喫しつつ、一本道を奥へ歩いていきます。
田んぼ2

工房のサインや看板などが、特にないので、わかりにくく、道を行き過ぎてしまいました。
でも、まぁ、一本道なので、迷子にはなりません。
外観寄り
振り返って、「もしかして、あれが工房だったなのかなー」 と撮った一枚。

工房なので、入りやすい店構えではありませんでした。
ドアをあけて、働いてるお姉さんに、「こんにちはー、入っていいですか?」 と声をかけると、
「2階へ行ってください」 と言われました。

2階が、このように、ちょっとした販売コーナーになってました。
売り場1

反対側は、出来上がったせっけんを乾燥させるコーナーのようでした。
売り場2

やはり、直売だけあって、お値段はとても安かったです。
ここのせっけんは、MASACO石鹸として、
新宿伊勢丹のBPQCで、私のあいまいな記憶では、一個800円位で販売されていましたが、
工房では、10,000~20,000Rp.程度でした。

(伊勢丹のBPQCは、先月、久しぶりに行ってみたところ、売り場ごとなくなっていました。
お気に入りだったので、ガッカリです。。。)

帰り道、ガイドさんに連れられて工房へ来た日本人とすれ違いました。
せっけん人気で、ガイドさん達にも観光地として結構知られてる?
帰り道
「プラットワンギ」 と言えば連れてきてもらえるのかもしれません。

判らなかったら、レストラン「マンガ・マドゥ」が目印。地元の人は知ってます。
マンガ・マドゥからは、看板を見逃さないよう注意!

theme : バリ島
genre : 海外情報

2009-02-14

バリ島とたまゆら

「たまゆら」 とか、「オーブ」 って、聞いたことありますか?
写真に、丸くて白い光の玉が写る現象です。

調べてみると、超常現象、と説明しているサイトも、
カメラのレンズの具合。と説明しているサイトもあります。

なーぜか、バリ島で撮った写真に、この「たまゆら」君が写ってるものが、何枚もあります。
うちのカメラのせいなのか?というと、
バリ島以外の場所で取った写真には、写ってたことがありません。ふしぎー・・・。

これは、初 「たまゆら」 写真。
ウブド郊外、テガララン奥地のホテルで撮影したもの。
たまゆら1
ホテルの敷地の一番奥に、ヒンドゥーのお寺があり、
その場所にあるこの川は、「聖なる水」 と呼ばれてるそうです。

たまゆら2
同じ場所です。当時、相棒が、「この写ってるの、なんだろう。気になるー」
とさかんに言ってました。(私は、あんまり、気にしてなかった (^_^;))

ウブドの 「トレナ・ジェンガラ」 という、バリ舞踊のグループを見に行った時のもの。
このグループの公演は、ケチャで有名ですね。
これは、演目の一つで、トランス状態の男性が、火の上を歩く、「ファイヤー・ダンス」 です。
(写真では、もう、火が炭になっていて、熱そうじゃないですけど)
たまゆら3
公演終了後、相棒が、この男性にお布施をあげたら、拝んでくれて、握手されたんですが、
「なんか、ビリビリきた!」 と言って、なぜか涙目になってました。

これは、ヒンドゥー教の祭日 「ニュピ」 の前日に催される、
悪霊を追い払う、「オゴオゴ」 という行事を見に行った時のもの。
たまゆら4
ウブド王宮前の交差点に陣取って、
山車がやってくるのを、「いまかいまか」 と待ってる人たちを撮りました。

そして、これが一番、「たまゆら」君がみっちり写ってます。
2008年10月、レギャンビーチです。
たまゆら5
この日は満月。
ただの満月ではなく、ヒンドゥーの暦の上では、大事な満月だったらしいです。
(プルナモ・サシ・カパットという日)
さらに、カジャン・クリオン(お供え物をする日)でもあったらしい。

超常現象か?光学的に説明できるものか?
どちらか判りませんが、バリ島で取れる面白い写真、「たまゆら」。
私は、「バリの空気に存在する何か」 なのかなー。と親しみを感じてます。

theme : バリ島
genre : 海外情報

2009-02-13

アマンダのお料理

これらは、私が好きな、数少ないフィクションの本です。

でも、フィクションというより、
著者のアマンダ・へッサーが、自身のことを書いたエッセイ?なのかな?

ニューヨークで、お料理ライターをしている若い女性(アマンダ)が、
「Mr.ラテ」 とあだ名をつけた男性との、出会いから結婚までを一人称で語る本。

登場するお料理のレシピが、章ごとに載ってるんです。
なじみのない外国の食材がいろいろ登場し、どんなだろう!?とワクワクします。

アマンダの恋のお料理ノート (集英社文庫)アマンダの恋のお料理ノート (集英社文庫)
(2004/06)
アマンダ ヘッサー

商品詳細を見る


何度か再読するうち、「これは読めるかも」 と、原書も買いました。
この本は、TOEICのスコアを大きな声で言えない私の英語レベルでも、
ストーリーを把握できていれば読めました。

Cooking for Mr. Latte: A Food Lover's Courtship, With RecipesCooking for Mr. Latte: A Food Lover's Courtship, With Recipes
(2004/05)
Amanda Hesser

商品詳細を見る


そして、文中で、「友人」 として登場する、
気難しくて理屈屋の、ミドルエイジのお料理ライター、
「ジェフリー・スタインガーテン」 氏の著書。「ホントに実在する人なんだ!」 と、即買い。
(と、言うことは、「アマンダ」 は、やっぱり、フィクションというより、エッセイ。。。?)

やっぱり美味しいものが好き (文春文庫)やっぱり美味しいものが好き (文春文庫)
(2005/03)
ジェフリー スタインガーテン

商品詳細を見る


すべてを食べつくした男 (文春文庫)すべてを食べつくした男 (文春文庫)
(2005/02)
ジェフリー スタインガーテン

商品詳細を見る


スタインガーテン氏の、超!独特の観点から見た食べ物論、
漁師と一緒に海に出たり、農園をたずねたりといった、体当たりの体験記もあり。
でも、「こうだった」 だけじゃ終わらず、
そこから、思う存分、理屈っぽい考察を繰り広げていて、
とても面白かった!

でも、ハーバードで法律を勉強し、
その後、MIT(マサチューセッツ工科大学)を経た、スタインガーテン氏の文章は、
一つの文章のセンテンスがとても長く、使ってる言葉も固めで、
こちらは、原書を読んでみようとは思いませんでした。

theme : 雑記
genre : 日記

2009-02-11

ワルン・ウブド [ バリ島 2008年10月 ]

ウブド2日目の夜のディナーは、ワルン・ウブドへ行きました。
宿泊していたカキアン・バンガローの前の道を、そのまま南下した場所にあります。
カフェ・アルマの向かい、ワルン・オペラの隣です。

昼の外観

夜、暗いひとけのない道を、二人でテクテクと歩いて、
遠くに店の明かりが見えたとき、
昔話の世界か何かみたいな感覚におちいりました。
外観

お店にはお客さんが誰もいなかったです(^^;)
私たちが現れたことで、
音楽がかかり、厨房に火がはいり、
くつろいでいた店員さんたちが急に動き出し、
にわかに活気が出たのが可笑しかった(笑)

アスパラガス・スープ 30,000Rp.
アスパラスープ

コーン・スープ 18,000Rp.
コーンスープ

スープは両方とも澄んだスープで具沢山。

フィッシュ・ベジタブル・カレー 32,000Rp.
2

カンクン・アヤム 17,000Rp.
カンクン

グリーン・チキン・カレー 34,000Rp.
カレー

結構、盛が多くて、二人では食べ切れませんでした。
盛が多い

どれも、比較的薄目のやさしい味でした。

ランプにチチャがひっそりと張り付いていました。
チチャ

theme : バリ島
genre : 海外情報

2009-02-08

5歳です

お誕生日なので、いちごをあげました。

1

自慢の毛皮(本人は自慢してないけど)
も、黒々ツヤツヤです♪

theme : 雑記
genre : 日記

2009-02-06

本の感想 「起きていることはすべて正しい」

起きていることはすべて正しい―運を戦略的につかむ勝間式4つの技術起きていることはすべて正しい―運を戦略的につかむ勝間式4つの技術
(2008/11/29)
勝間 和代

商品詳細を見る


いまや、飛ぶ鳥を落とす勢いの、勝間和代さん。
これは、ビジネスシーンでのメンタル面の”実用書"です。
机上の空論でなく、勝間さんが日々使い込んだノウハウを、実感をこめて書いてあります。

私は、小説などのフィクションより、実用書を読むのが好き。
ビジネス書や、心理学、「○○のやり方、作り方」 みたいなの、
最近はやりの、仏道の本。などなど…。

社会に出て、「つかえない自分」(苦ぅ) に気づいたら、
「お話」 より、「現実」 が、だんだん面白くなったのかな?
昔は 「お話」 を読むのが好きだったんだけど。(実用書を読む子供はいないか。。。笑)

勝間さんの著書は、「インディでいこう」 から読んでますが、
文章から匂う 「軽快なパッション」、みたいなのが爽快で好きなんです。

「起きていることはすべて正しい」 読後に身体に残ったのは、このタイトルの言葉。

日常の現実って、結局、その人の身の丈をあらわしてるのねー。と、改めて考えました。

若いころは、頭のなかの、気持ちいい理想の世界に向きがち。
でも、そっちを 「正」 にして、自分にめぐって来ることに、
立ち位置を変えないまま、「否」 とダメ出しを続けても、なーんにも起きない。
「願えば叶う」 を誤解すると、振り返ったとき、
「叶わぬ思い」 が後ろに沢山落ちてた。なんてことに。。。コワイー。

まず、今の手持ちを元手に、やって見る。
よく見て、知って、練習して、考えて、扱いに長けるようになること。
成長すれば、変化がやってくる。

巷に手軽なノウハウや情報があふれてる今、
市川昆の金田一シリーズの鬼刑事のように(古!)、
パッと見て、「よおうし!わかった!!」(そして見当違いの方向へ…)
とならないためにも、「おきていること」 と 「身の丈の自分」
をちゃんと実感していようと思いました。

もんのすごく大づかみな解釈と感想ですが(笑)、そんなことを考えました。

theme : 雑記
genre : 日記

2009-02-04

ザ・スパイダースのバリ島珍道中

WOWWOWでやってるのを録画して見てみたら、大ウケでした!

ザ・スパイダースのバリ島珍道中 [DVD]ザ・スパイダースのバリ島珍道中 [DVD]
(2007/10/26)
ザ・スパイダース伊藤るり子

商品詳細を見る


1968年の映画です。
40年前のバリ島は、今よりも、もっと、もっと、緑の密度がミッチリと濃い!
ングラ・ライ空港が、空港なのに、なーんにもない、ただの空き地!

いっぽうで、
「ホテルに水着の欧米人」 のシーンを見ると、あー、40年前からリゾートしてる。と、感心!
寺院でスパイダーズが演奏するシーンで、
周囲に群がって演奏を見てる正装のバリの人々の様子は、
今とあまり変わってないみたい。。。

随所にガムランの演奏シーンがあり、
「オレグの踊り」
「ケチャの踊り」(なぜか、スパイダーズがグループに混じってる・・・大笑い!)
「バロンの踊り」
など、当時のガムランだ!とジーン…

そして、昔のアイドル映画ならではのベタな展開も笑えます。

WOWWOWは何度か同じ番組を放送するので、
視聴しているなら、キーワード予約すれば見れるかも!?

ストーリーや映像は、今のTVドラマの方が余程見ごたえがある程度ですが、
昔のアイドルのコントや、当時のバリ島をチラリと見る。気持ちで見れば、ウケると思います。

theme : バリ島
genre : 海外情報

プロフィール

つなっぴ

Author:つなっぴ
今年もバリ島歴更新、
6回です。
また行きたいです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
カレンダー
01 | 2009/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。