--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008-11-30

バリのハチミツ

バリ島のスーパーで、ハチミツを買ってきました。

まず、これ。
購入の決め手は、ラベルに、Royal Jelly & Bee Pollen と書いてあったこと。
(その他の説明書きは、バリバリインドネシア語で、読めず)

ハニー1

これ、美味しいです。

かすかにピリッとした風味があって、(おそらく、ロイヤルゼリーの味だと思う)
花粉(ポーレーン)入りなせいか、香ばしさがある。
それで、ちょっとカラメルっぽいというか、食べると 「プリン!」 って思います。
で、甘みにくどさがないんです。

裏ラベルに、solo - indonesia とある。
インドネシアのソロって、ジャワ島だ。バリ島産、ではないのか。

これは、250ml の小さなサイズだけど、
棚には、ワインボトルくらいの、特大サイズもあった。
次に行くときには、それ買ってしまうかも。。。
と思うくらい、気に入ってます。


これは、マンゴーの花の蜜。

ハニーマンゴ

濃い、ネットリとした濃度があるけど、甘みはさっぱりしてる。

味は、やっぱり、かすかなピリッとした味と、
「ウリ」 って感じの、さわやかな風味があります。
(この、おサレなラベルに合った、素敵な比喩が思いつかず…)

かんきつ類のさわやかさ、ではなく、野菜のさわやかさ、というか、
ハーブっぽい、とも言える様な?(むー…)

ラベルに、
「スモーク、バター、ブラック・チェリー、パッションフルーツ」
と、風味を例えてあります。ああー、バターは、わかりますー!

さらに、
「濃い目のチーズ(チェダー、ブルー、パルミジャーノ)と、一緒に」
みたいな事も書いてある。やってみたい…。


これは、コーヒーの花。

ハニーコーヒー

コーヒーっぽさは、ありません。
コーヒーの、あの香ばしい風味って、実をローストして出るものですものね。

これは、ふたを開けると、香りがパーッと立ちます。
コーヒーの花の香りなんでしょうか?
酸味のある味です。

ラベルには、
「マイルドなチーズと合わせる、塩と一緒にナッツにかける、
ハムやアヒルの胸肉、ショート・リブにかける」 と、ある。ふむー。

コーヒーとマンゴーは、ラベルにURLあり。Big Tree Farms

3つとも個性がハッキリしていて、ハチミツって、面白いな。と思いました。
各地で、また見つけたら、色々買っちゃうと思います。
ただ、ガラス瓶入りで、重さがあるので、いくつも買うのが難しいのが悩ましいところ。
(コーヒーのは、ふたがゆるくて、スーツケースの中で漏れ出ていました。おそろしや…)
スポンサーサイト

theme : バリ島
genre : 海外情報

2008-11-29

レギャンのワルン・バビグリン

バリ島、4日目、レギャンを去る日。
午前中は、ビーチとお別れ海水浴。

うみ


今日も、パラソル&チェアーのレンタルは、ディスカウント。

今日の店のおじさんは、言い値が、「1時間、10万ルピア」
「昨日の店は、2時間、6万ルピアだったよ。ディスカウントしてちょ」
「だめ、みんな10万払ってるよ。あの人も、この人も」
「じゃあ、昨日の店に行くから、いいよん」
「わかった。6万でいいよ」

----*----*----*----*----*----*----*

そして、お昼ご飯は、ワルン・バビグリンで。

ご存知、バビグリン。豚の丸焼きです。

バリバリに焼けた皮、色々な部位のお肉、
店によっては、血のソーセージや、肉を裂いて他の具とあえたラワール、
などが、ご飯と盛り合わされて出てきます。

ワルン・バビグリンは、レギャンのアート・マーケットという、
衣料品を主に売っている市場の奥にありました。

ここは、ガイドブックや、ネットで美味しいと評判なせいか、
市場をうろうろしていると、Tシャツ屋の店員さんが、「バビグリン?」と、笑顔で聞いてくれ、
方向を指差して教えてくれました。
(自分の店の呼び込みはいいのかい…)

私は、この本で、じっくり研究(?)して、この店を目指しました。
著者によると、「この店は、一番皮がパリパリ」

バリ島極楽チャンプル〈2〉バリごはんバリ島極楽チャンプル〈2〉バリごはん
(2007/01)
田尾 たんぼ

商品詳細を見る

この本、愛読書です。
著者が、バリ島の、各地各店のお料理を食べ比べて、レポートしてます。
読んでると、お腹の底からバリ島へ飛びたくなってしまううー。


そんなこんなで、
市場の奥の、テーブル一席、カウンター4、5席の小さな店なのに、
日本のお客さんで、ほぼ満席。びっくり。

私は、ウブドのイブオカに次ぐ、2度目のバビグリンでした。
イブオカのバビグリンよりも、盛りが少なくて、お肉類もアッサリしてました。
本に載ってたとおり、この店は、ホントに皮がパリパリ!

私は、こってりジューシーなイブオカより、こちらの方が、好みでした。

夫は、初バビグリン。旨い、旨い、と、完食でした。

babi

うっかり、写真取る前に食べちゃったんです~。

具のショーケースには、ブーさんのお顔が!

BALI-20081010 170

バビグリン2皿と、ポカリスウェット、スプライトで、合計 40,000Rp でした。

昼のレギャンは、猛烈に暑く、日差しが痛い程。
さらされた肩や腕が、刻々と焼けて行くのが強烈に感じられ、暑さで頭真っ白。
(雨季の入りばなが、一年で一番暑いそう)

この日は、ウブドへ移動です。
波が豪快な海、灼熱の日差し(ウブドも灼熱だろうけど)、
サングラス&短パンの欧米人とビール、
な、レギャンと、お別れです。

ホテルに戻ると、ホテルで儀式をやってました。

ウパチャラ

スタッフ達も、民族衣装で正装して、祭りの華やいだ雰囲気満載です。
(もっと撮影してくれば良かった…)
昨日から、ホテル内の寺に飾り付けしたりして、準備してました。

各家々や、村での儀礼祭だけでなく、ホテルでもやるんですねー。
ビーチでも儀式してたけど、バリの暦の上で、そういう時期だったようです。

見とれてると、夫から呼ばれ、
ウブドからのお迎えドライバーのマデさんが、
ニコニコしながら、駆け寄ってきました。

では、ウブドへGO!

theme : バリ島
genre : 海外情報

2008-11-28

朝のうさぎ

つなみです。(ミニレッキス・♂・4歳)

つな1

いつも朝は、とっても、なつっこいです。

色が黒くて分かりづらいですが、
ケージの金網に前足をかけ、
鼻先とお口をフニフニさせて、何か言ってます。


一晩中ひとり遊びしてたから、(夜行性)
かまってもらいたいのかな?

手を出すと、おでこを出して出迎え。

つな2


満足か~い?

つな3


やめようとすると、追いすがる。

つな4


お前はカワイイのう~。
じゃあ、おやつをあげようかね。(この人がもらえる唯一の甘味、薄切りリンゴ)

つな5


おおー、美味しいのかー、よかったねー。

つな6



でも、おやつ欲しさのお愛想なのかも…。
なぜなら、ありついた後は、ウソの様に静まり返ってしまうから……。

つな7

theme : うさぎ
genre : ペット

2008-11-23

タクシー

バリ島、3日目の夕方。番外編(?)。

夕食を食べに行くので、
クロボカン方面へのタクシーをひろうため、
ジャラン・レギャンへ出たときは、すっかり暗くなってました。

明朗会計との評判で、ひいきにしてる、
Blue Bard Group のタクシーを見定めるのが、大変。

なにせ、微妙~に、似た青の、他社のタクシーが沢山走ってて、
暗いと、余計に判りにくいったら。
交通量の多い、お店が軒をつらねた目抜き通りでも、日が暮れると薄暗いです。

----*----*----*----
前日に、Blue Bard と間違えて止めたタクシーは、
すこーしだけ暗い色の車体だった。
(Blue Bard にワザと擬態してるように思えるのは、気のせいか。。。)

乗り込むとき、運転手に、「メータータクシー?」 と確認して、「イエス」 と言われたのに、
走り出してしばらくして、運転手が、「にまん るぴ ね」 と言ってきた。

良く見たら、メーターがついてない・・・。不覚・・・。

でも、運転手の、値段を切り出した時の、こわばった首筋と、緊迫した空気が笑えた。
メーターだったら、18,000Rp. 位の距離。
まぁ、暴利が目的でウソついたんじゃなく、お客さんが欲しかったのね。
と、値切らず払いました。
----*----*----*----

で、クロボカン行き、
少しでも、明かるい場所を求めて、
そこだけ、蛍光灯ガンガンで、明るい、サークルKの前に立ち、
Blue Bard を探すも、来るのは乗車ばかり。
やっぱり評判良いんでしょうか。

やっとつかまえた空車の運転手さんは、モヒンダー・スレシュ似で、
はにかみながら、「にほんご ならてます」 と話しかけてきたりして、好印象。

ワルンについたとき、メーターは 12,200Rp。
なのに、「にひゃく は いいです」 と言ってくれます。

「そんなー!メーターなのに、売り上げ合わないと、困るでしょー。おつりはいいよ!」
と、13,000 渡そうとするも、「いいです、いいです」 と。

受け取ってもらい、降りた後、
「感じのいい人だったねー」 と言い合ったけど、
バリ島では、よく、スーパーで、細かいお釣りの端数は、あめ玉で返って来るけど、
タクシーも細かいお釣りって、はしょるものなのかな?
この場合、どうだったんでしょ?

ちなみに、 Blue Bard Groupのタクシー、
レギャンの、パトマ通り突端の海沿いに、事務所があり、
いつも数台、車がたまってます。
(なぜ、オン・ザ・ビーチに事務所が?)

ホテルが近所なら、ここから乗ると便利かと。

タクシー

theme : バリ島
genre : 海外情報

2008-11-22

カレー鍋

カレー鍋、食べました。美味しかったです。
これ、いつからあるものなんでしょ?

カレー寄せ

最初、だし汁にカレー粉が入った、シャバシャバしたつゆを想像したけど、
ゆるめのカレールーみたいな、思ったより濃いものでした。

で、思ってたより、ちゃんとスパイシー。
封を切った感想は、「いい香りー!」

初めてなので、実験のため、多彩な具を投入。

カレーなので、根菜は合うでしょう。ということで、
サツマイモ、レンコン、かぶ、にんじん。
さっと煮えるよう、薄切りで。

にら入りの肉団子を作って、投入。
骨付き鶏手羽があったので、それも。

はるさめが好きなので、カレーとのマッチングを冒険。
冒険ついでに、鍋の定番、お豆腐と、白菜と、ねぎも入れてみる。

袋に、キャベツや、もやしがおすすめ。
とあったので、最後に、それも。

結果、はるさめと、白菜、カレー汁がからんで、美味しかったー!
レンコンも、カレー鍋の定番に決定。
意外に、お豆腐も良かった。

キャベツともやし、これは、なるほど!
くったりする前に、食べるのがコツ。

肉類は、少しとろみのある、つゆが、入ってかない感じで、
うすく下味をつけた方が良いのかなあ。

ねぎは、私はネギ類が苦手なので、食べなかったけど、
家族の感想は、「カレーが染みて美味しかった」

最後のおじやに、チーズを入れると良い。
と書いてあったのですが、具を沢山食べたので、おじやまで行けませんでした。
チーズも用意してたのに、悔やまれます。

初めてで、ほほー。と、面白かったので、
同じシリーズの、「ちゃんこ鍋風」 も買ってきた。

カレーちゃん


何が違うの?と見ると、
寄せ鍋はカツオだし、ちゃんこは丸鶏だそうだ。
寄せ鍋、特にカツオは感じなかったけど、違いを検証してみます。

theme : 雑記
genre : 日記

2008-11-21

ワルン・ブナナ

バリ島、3日目の夕方。

本日は、夫参加で、夕日鑑賞。
日が沈むのを楽しみつつ、レギャン・ビーチを、テクテクと北上。

sunset

ダブル・シックス通りから、
ジャラン・レギャンへ出て、タクシーに乗り、クロボカンへ。

本日の夕飯は、ワルン・ブナナです。

お兄さんが、腕をたかーくあげて、テ・タリッ (ミルクティー)
を注いでる写真で、おなじみですね。

タクシーの運転手さんに、地図を見せて、
「ワルン・ブナナ」 って言っても、ピンとこない様子でしたが、
「オーストラリアン・インターナショナルスクールの前だよ」
と言ったら、すぐにわかりました。

バリ島は、夜、とても暗いんです。
高いビルがないので、
空間の、灯りの面積より、闇の面積の方が、断然広いというか・・・。

家具屋が多く、夜になると店が閉まるので、クロボカンは余計に暗い。
ワルンがやってるのか、不安になりつつ、行ってみると、
やってました。ホッ。

ここは、写真入りの日本語メニューがあります。

まず、私は、名物テ・タリッ、夫は、ラッシーで、乾杯!

buna-drink
テ・タリッ・シナモン (シナモン入り泡立ちミルクティ) 9,500Rp.
プレイン・ラッシー 10,000Rp.


そして、ヤギのカレーと、ロティ・ケジュ。

bunana1
カレ・カンビン (ヤギのカレー) 12,000Rp.
ロティ・ケジュ Lサイズ 14,000Rp.

この2品に、感動。
カレーは、スパイスの香ばしさが効いてて、ヤギ肉が柔らかい。
ロティ・ケジュをひたして、あっという間に食べてしまいました。

ロティって、鉄板で焼いて作る、デニッシュの様に層になった、平べったいパンでした。
ロティ・ケジュは、チーズ入り。
メニューには、他にも色々なロティがありました。

お次は、チキン・カレー。ナシ・クニンを添えてみました。

buna-2
カレ・アヤム (チキン・カレー) 9,000Rp. 
ナシ・クニン (スパイスで黄色くしたご飯) 10,000Rp. 

ヤギのカレーより、辛いです。骨付きの鶏肉が、ほろっと柔らかい。
そして、このナシ・クニン、平たくして、鉄板で焼いてパリッとさせてあり、
スパイスの香りがたっていて、美味しい!
ぺろりと間食。

で、もう一品、何か。って、ことで、マルタバを。
お好み焼きっぽいですが、野菜たっぷりで、見た目よりアッサリ食べられます。

buna-m
マルタバ Sサイズ 8,000Rp.

後で、なぜか、小皿に、具のないカレーソースを、持ってきてくれたのですが、
もしかしたら、マルタバを頼むと、ついてくるのかな?
と思って、マルタバをひたして食べてみました。

夫は、味も良かったけど、
一品、一品の盛りの少なさが気に入ったそうです。
少しずつ、色々食べられて、楽しめたそう。

満腹になったけど、不思議と、苦しくってドンヨリ。
とはなりませんでした。

若者ばかりの店員さん達、控えめで、丁寧で、真面目で、
とても感じが良かったです。

満足、満足。

書いてたら食べたくなりました。うう、行きたーい!!
・・・今日の夕飯は、カレーかな。
⇒スーパーで、「カレー鍋つゆ」 なるものを買ったので、カレー鍋にします。

theme : バリ島
genre : 海外情報

2008-11-20

TBS「世界ふしぎ発見!」で、バリ島の特集をやります!

「進化する楽園 BALI」

2008/11/29(土)21:00~
http://www.tbs.co.jp/f-hakken/info.html

先日、番組で予告を見たとき、嬉しくてゾクゾクしました。
早く見たいです!

番組サイトの引用です↓
----*----*----*----*----*----*----*----*----*----*----
インドネシアに18000以上ある島々のひとつで
日本から観光に訪れる人も多い熱帯の楽園バリ島

そんなバリで2002年と2005年に起きたテロ事件は
世界中に大きな衝撃を与え観光客は激減しました
ところがそのわずか1年後…
2007年にバリ島を訪れた観光客は160万人を超え
なんと過去最高を記録したのです

次回「世界ふしぎ発見!」では
奇跡の復活を遂げたバリの秘密に迫ります!
----*----*----*----*----*----*----*----*----*----*----

インドネシアに18000以上、島があるって、本当なの? 疑惑…。
…と思ったら、本当みたいです。

ウィキペディア「インドネシア」より
赤道をまたがる1万7,500もの大小の島により構成される。
また2億4千万人が住む現在世界第4位の人口である。

話がそれましたが、

2005年のテロの日、我が家は、バリ島に滞在していて、
現場のクタスクエアを、偶然、事件発生の20分くらい前に歩いてました。
なので、その前後のことや、当時感じたことは、細かいことまで覚えてます。

その後も、私は3回バリ島へ行ってます。

夜になると、黒い服の自警団のお兄さんが、夜道やレストランを巡回していました。
村で自主的に組織しているそうです。
地元の人だと、他所から来た不審者が、すぐわかるんでしょうね。

また、ビーチエリアのホテルでは、今でもゲートで車を止めてチェックしていて、
事件を未然に防ぐ努力をしてます。

クタやジンバランを訪ねると、事件のことが、一瞬、頭をよぎります。
それでも、なぜか、バリ島へ行きたい気持ちは、なくなりません。
あの日の気持ちを覆すくらい、楽しい思い出で一杯です。
そういう人が、他にも、たくさん、いるんですね。

番組では、その秘密が解き明かされるんでしょうか? 楽しみです。

theme : バリ島
genre : 海外情報

2008-11-16

うさフェスタ2008

うさフェスタへ行ってきました。

すごい人で、ビックリ。

う

うさぎを連れてきてる人も沢山いました。

これが、今日の収穫。

収穫

メーカーさんが、試供品を配っていたのです。

で、なぜ、うさフェスタへ行ったのか?
それは、うちには、この人がいるからです。

つな

ミニレッキスの、つなみです。

つなみの、里のお母さん (ブリーダーさん) にも、4年ぶりにお会いできました。
ラビットショーに出場されていたのです。

つなみの、姪の子供、だという、同じ毛色のブラックちゃんもショーに出ていました。

見ると、やっぱり、ショーラビットは、違うー。
毛のツヤ、体型、そして、ウチの子も黒だけど、もっと、もっと、黒い!

それをブリーダーさんに言ったら、
「黒は、日に当たったりして、色があせちゃう子もいるんだよねー」 とのこと。
面白い~ (^o^)
本棚の本みたいに、日当たりのせいで、退色したのかも…?うちのうさぎ。。。

ショーラビットは、特別なお世話をされてる一方、
うちの子は、ペットとして、人と同じ環境で、
時に、好きなおやつ (生野菜とかくだものとか) 
も、もらって、暮らしてきたからねー。違って当然。

元気で長生きして、少しでも長く、私たちと一緒にいてくれればいいんだよん。

来場者がつれてきた、個性豊かな、うさぎさん達、
ラビットショーにエントリした、眉目秀麗な、うさぎさん達、
こんなに沢山のうさぎを一度に見たのは、初めて。
飼う人が年々増えてる。って聞いてますが、静かなパワーを感じました。

theme : 雑記
genre : 日記

2008-11-15

ビーチな日

バリ島、3日目。1日中、水着で遊んでました。

まず、午前中は、ビーチへ。

バリ・マンディラ・ホテルとビーチの間には、
ジャラン・パンタイ・クタが通ってますが、
ここらは、車止めゲートがあり、通りに車は走ってません。安全静か。

レギャンビーチは、波が高く、潮流も強いので、基本的に遊泳は禁止。
(基本的にサーファー天国)

ドクロが、「泳いだら、死ぬで」 と言ってます。

どくろ

でも、赤と黄色の旗が立ってる場所は、遊泳区域。海水浴できるんです。
ライフ・ガードのお兄さん達もいます。

これが、遊泳区域の旗。

ショベル3

なぜか、海とパワーショベル。ちょっと、シュールな光景。
横に立ってるのは、ゾウ使いならぬ、ショベル誘導おじさん。

遊泳区域は、長ーい海岸線の、ところどころにあるので、
よさげな場所を物色しつつ、てくてく歩いてると、
「うちで、パラソルとチェアーを、借りなさい」 と、
海の家(?)の人が、ぞくぞくと駆け寄ってきます。

だいたい、50メートル歩いて、5人に声をかけられる割合でしょうか?(笑)
サーフボードを持たない我々は、明らかに 「お客」 だったようです。

声をかけられ、なんとなく 「バリ島、おすすめビーチ談義」 になった兄さんがいて、
ディスカウントをお願いしたら、OKだったので、そこに決めました。

ちなみに、兄さんのオススメビーチは、
「サーフィンしないんなら、ヌサドゥア。きれいネ」 だそう。

日差しが強すぎるので、パラソルなしは、無謀です。
(ワザとエラそうに座ってます…)

パラソル

パラソル&チェアのレンタル : 2H/60,000Rp.(ディスカウント価格)

私は、海が好きで、水に浸かってるだけで楽しい性質です。
以前、タンジュン・ブノアとサヌールでも海水浴をしました。

サヌールの、どこまでーも遠浅の、ヒトデとナマコの海、
腕ほどの長さと太さのナマコを、「おーコワ!」 と観察してると、
横で、同様に生物観察中の海パンのどこかのじいさんと、
「Sea cucumber.」
「Year, very long.」
「Year.」
「…」
「…」
と、一緒にナマコを見つめて、すごく、地味でひなびた気分になったり。

タンジュン・ブノアの、たっぷりした深さの、波のない海、
私一人、浮き輪で漂ってて、
他の人達は、そこ、ここに、肩まで浸かって、向き合って話し込んでて、
「温泉?」 と思ったり。

それぞれ良かったけど、レギャンの海、気に入りました。
水がキレイで、何よりハッキリした波が立つので、飽きません。

なみ

波の引きが強く、時に立っていられない程。
胸くらいの水位の場所でも、
波越えジャンプしたり、人間サーフィンして遊んでて、
気付くと、とんでもなく流されて、
自分が、遊泳区域から、はみ出てたりするので、油断できません。

サーファーに轢かれても、文句言えないので、
常に岸を振り返り、旗と、自分達のパラソルで、位置を確認してました。

なので、浮き輪を持っていたけど、
ここは、慣れないうちは、危ないかも。と使いませんでした。
(浮き輪ごと沖に流されて、ヘリで救助。なんて、シャレになんないもの)

日本の海水浴場では、浮き物、みんな使ってるけど、
バリの海では、見たことない…。
危ないから?それとも、浮き物って、日本独特のもの?

ビーチに満足したあとは、ホテルのプールへ。

バリ・マンディラには、プールが二つあります。

一つが、
ホテルのダイニングや、プールバーの風景にもなってる、
お庭の、丸い形のプール。

プール1

もう一つが、レストランの屋根にあるプール。
急な階段が屋根に通じてて、「ここ、何?」 って昇って行くと、唐突にあります。
なので、何となく、プライベート感があって、落ち着く。
ここで、泳いだり、デッキチェアで昼寝したりしてすごしました。

プールの端っこへ泳いで行って、下を見下ろすと、こんな感じ。
建物の屋根に、水着の男。という風景になります。

屋根プール

お腹が空いたら、プールサイドバーで、ピザとカクテルをたのみ、満喫でした!

theme : バリ島
genre : 海外情報

2008-11-14

和風白くま

セブン・イレブンで売ってる、「和風白くま」 が大好きです。

これ、しばらく、近所のセブンイレブンから、姿を消していて、
夏中、スタンダードな、「練乳が美味しい 白くま」 を買うたびに、
「和風白くま、なんで販売しなくなっちゃったの?」 と、さびしく思ってました。

11月に入って、再び登場!

白く1


みかん、いちご、パイン、あんこ、きなこアイス(これがグー)、が乗ってます。

白く2


内部にはさんである、抹茶ソースも、グー。

季節限定モノなのかな?
店頭から消えないよう、せっせと売り上げに貢献する予定。

theme : 雑記
genre : 日記

2008-11-13

ワルン・ジョクジャ

バリ島、2日目、初ディナー。
ホテルから徒歩5分の、ワルン・ジョクジャへ行きました。

ガイドブックに、
じっくり煮込んだ、カレーアヤムとソトアヤムが美味しい。
と、あるので、ウキウキ楽しみに・・・。

お店は通りからオープンで、明るくって、清潔。
観光客も、ローカルもお食事してて、
チュウチョせず入れる雰囲気。

席に座り、さっそく、ターゲットの2品を注文するも、
「今日は、売り切れ」(=O=;)ガーン。

相手に有無を言わさない物腰の、やり手風マダムが、
有無を言わせず、すすめるメニューを頼むことに。

お隣のテーブルの、
ビンタンだけ飲んで、サクッと帰っていった、ローカルの二人に、
流暢な日本語で話しかけられ、
「バリ舞踊が好きなら、南部ならウルワツへ行け」
とすすめられたりしつつ、待っていると。。。

(夫は、この時、会話に加わらず険しい顔をしていたが、
「きっとガイドや車をすすめられるぞ。」って、警戒してたそうな)

きました!

アヤムゴレン 15,000Rp.

アヤムゴレン

これは、ウマーイ!しっかり味で、サクサクでした。

ミークア 15,000Rp.

ミー

麺がギッシリ、スープもナミナミ。お味は、普通に美味しかったです。

ナシゴレン  15,000Rp.
(さっさと食べ始めちゃってますが(^^;)…)

ナシゴレン

ナシ(白いご飯)を頼んだら、有無を言わさず、
「ナシゴレンにしなさい。」 と言われたので。

色が赤いのは、ケチャップではなく、たぶん、サンバル。
ピリ辛で美味しかった。
上にのってるのは、鳥を割いたもの。

ミークアも量が多かったけど、
これは、ごはん、お茶碗3杯分はありそうな。
帽子のクラウン位の巨大さ・・・に、見えた。(ホントに一人前?)

完食ならず。二人ともギブアップです。

あとは、スモール・ビンタン 17,000Rp. x 2

しめて、79,000Rp.
TAX&サービスチャージ は、レシート見ると、入ってないです。

----*----*----*----
余談…。

この日は、午後、スパの帰りに、マデスワルン2に寄り、

牛/豚/山羊、の、ミックスサテ (一皿10本を、おかわりして2皿)
バターフィッシュのソテー (厚さ3cmのデカイ切り身)
(↑これ!柔らかくて、ジューシーで、とっても美味しかった!)

をツマミに、生ビンタンを飲んだんです。
食べすぎ!

マデスワルン2

スパで揉んでもらって、血行良くなってポヨヨ~ンとなったところに、
待望の生ビンタンにありついたんで、
調子に乗って、ハイになってたと思う。

こちらは、生ビンタン x 4 と、上記の品で、
17万ルピア程。(TAX&サービスチャージあり)
----*----*----*----

なので、あまり、食欲がなかった。のも、ある。

次の機会には、お腹を空かせて、
ぜひ、評判のソトアヤムとカレーアヤムを試したいな。

--------------
ワルン・ジョクジャ
Warung Yogya
場所は、レギャンのホテル 「パドマ・バリ」 の裏手です。

theme : バリ島
genre : 海外情報

2008-11-07

バイゴン

びゅー1

バリ・マンディラ・ホテル、
お部屋のベランダは、ガーデンビュー。(ヴィラビュー?)

朝、ヤシの木に来た、鳥の声で目覚めたり。

私は、バリ島では、よく動物の声で目が覚めます。

以前、ウブドの郊外に泊まったときには、
日が昇ると、野鳥や、鶏や、ヤギまで、いっせいに声を張り上げて鳴いてました。
(が、夫は、今まで、目覚めた事は一度もなかったそうです (汗))

BALI-20081010 014

さて、私が、ビーチで夕日を堪能していた頃、夫は、部屋でひとり蚊に刺されていた(笑)。
眠ってる間に、ベランダのドアから、蚊が、たくさん入ってしまった様子。

食われ放題で、寝ていられず、私を追って行こうとしたけど、
私が鍵を持って行ったので、出られなかったという。
(ドアは自動ロックだから、そのまま出てきちゃえば良かったのだが)

これじゃ、夜、安眠できない。
蚊取りマットを持ってきてもらおう。でも、何て言えばいい?

夫が、「Please do something with the bug.」 という表現を、
英会話の本から見つけてくれた。
今みると、相手にお任せして、良い方法を考えてもらえそうだね。って表現だが、
その時は、「で?」 って、つっこまれそうで、気が進まず。

バリ島では、害虫駆除モノは、「バイゴン」 という製品名が総称になってる。
という話を思い出した。

ハウスキーピングに電話して、
「部屋に蚊がいます。バイゴンはありますか?」 と言ってみる。

気持ちよく通じたので、安心して待ってると、すぐボーイさんが来てくれた。

手には、スプレー缶。それも、すごい特大サイズ。
「ああー。違う」 と思ったけど、
缶にはちゃんと、「Baygon」 って書いてある。(笑)

まだ子供みたいなボーイさんは、
黒目勝ちの大きな瞳に、真っ白い歯の、魅力的な笑顔の持ち主。

ベッドの上に、退避した私たちの周りを、
終始、キラキラした笑顔をふりまきながら、小走りで、
「シューーーー」。
ちゃんと、部屋のコーナーや、バスルームも、念入りに、
たっぷり撒いてくれました。

強烈な香りと、すごいケミカル感。
むせながら、「私たちも死ぬ」 と思った。

あとで、英語で、「mosquito coil」 という言葉を思い出した。
夫がインドネシア語の本で、「obat nyamuk」(オバッ ニャムッ) という言葉も見つけた。
(ホテルには、きっとあったはず。・・・)

でも、その頃には、強力スプレーで、もう、蚊は死滅してた。
ちゃんと結果を出す(笑)すごいスプレー。

追記:
蚊取りマットは、コンビニで売ってるのを見ました。
(ちなみに、製品名は、「バイゴン」(笑) です)
次に泊まったホテルでは、毎日、夕方になると、お部屋に持ってきてくれました。

「虫をなんとかしてください」が載ってる本
地球の歩き方 トラベル会話1 米語/英語 (地球の歩き方トラベル会話)地球の歩き方 トラベル会話1 米語/英語 (地球の歩き方トラベル会話)
(2004/07/17)
「地球の歩き方」編集室

商品詳細を見る


「オバッ ニャムッ」が載ってる本
旅の指さし会話帳 74 (74) (ここ以外のどこかへ)旅の指さし会話帳 74 (74) (ここ以外のどこかへ)
(2007/03)
山本 哲也

商品詳細を見る

theme : バリ島
genre : 海外情報

2008-11-02

レギャンビーチで夕日を見る

西海岸は、夕日が名物。

私が、「そろそろ日が暮れるから、ビーチへ!」 と誘うと、
夫は、「疲れたから、ちょっと寝たい」 と。

なので、単独でぶらぶら夕日を見に行きました。

すると、ビーチで、セレモニーをやってました。
沈む太陽に、みんなで、祈りを捧げてます。

いのり

僧侶が、お祈りしてます。

セレモニー2

そのまん前では、まだ、みんな、波間で遊んでます。

ビーチ

そして、日が沈むと、

BALI-20081010 057

行列は、バラガンジュールを演奏しつつ、帰ってゆきました。
(風の音が入っちゃってます。。。)



さあ、もう、帰りましょうかね。

いぬ

すっかり満足して、部屋へ帰るとき、
お日様が沈んだのと反対側の空に、お月さまが昇ってました。

BALI-20081010 080


私が持ってる、バラガンジュールの入ってるCDです。
様々な演奏が、次々に入ってて、沢山のパレードが通り過ぎて行く感じです。
ビーチで演奏してたフレーズも入ってて、
「即興じゃないんだ!へー」 と、感心しました。

《バリ》ガムラン&ケチャ《バリ》ガムラン&ケチャ
(2008/08/06)
民族音楽

商品詳細を見る

theme : バリ島
genre : 海外情報

2008-11-01

スミニャックでスパ

バリ島到着の翌日、
前日の、長時間フライトの疲れをとるのに、良いかな。
と、スパへ行きました。

スミニャックのJari Menari

BALI-20081010 039

世界的に活躍するセラピスト、
スーザン・ステイン女史が、開設したサロン。
「マッサージには力が必要」 というポリシーから、
セラピストは全員男性。だそうです。

staff

みんな、笑顔がカワイイ!!
私は、左から2人目の人でした。

今まで、スパ。って、
滞在最終日のデイユースのためや、
ホテルのウェルカムマッサージくらいしか、しませんでした。

ガイドブックや、女性誌に載ってる、
乙女で、ラグジュアリーな雰囲気、や、
スクラブ、パックとか、フラワーバス、などが、
あまり好きじゃなくて。
(お花は好きだけど、一緒にお風呂に入りたいとは思わないんです。)

しかし!
ここは、「効いたー!良かったー!」 と思えるスパでした。
「技術重視」 で、筋肉の向きや、リンパの流れを、
かなりテクニカルに追求したマッサージ。と見た。
(素人なので、印象です・・・)

セラピストがヒジから先を使って、長いストロークで、循環を即してくれたり、
また、整体のような要素も入っている感じでした。

選んだのは、
ベーシックマッサージ (75分) : 250,000Rp.

頭のてっぺんから足まで、くまなく整備してもらえました。

終わると、お水か、お湯、好きな方を飲ませてくれます。
それ以外の、私が思うに、
どちらかと言うと、雰囲気的なサービスはなし。

施術室は、オープンエアでありながら、
外からは遮断された、安心感のある部屋です。
仰向けになったときに見える、ヤシの木と広々した空、
窓の外にしつらえた、鯉が泳ぐ小川の水音で、
ほっとする、やすらげる空間。
あっさりシンプルな空間だけど、基本は押さえてます。

ツインのお部屋があるにも関わらず、
別々の部屋へ連れ去られた夫は、どうしてるだろう。

と思ってたら、お風呂好きの夫は、施術後のシャワーを堪能しすぎて、
排水溝が詰まってるのに気づかず、水浸しの床に困ってました。
(スタッフに説明して、お詫びしました・・・)

シャワー室で使って、気に入ったシャワージェルを買ってきました。

BALI-20081010 400

ハニー・ジンジャー・シャワージェル 300ml : 160,000Rp.

スパイシーで深みのある良い匂い。
リアルなジンジャーの香りです。(二人ともジンジャー好き)

しかし、翌日、ワルンで、二人で Total 80,000Rp. の、美味しい夕食を頂いたんです。
その後だったら、絶対に手を出せない値段だ。

タクシー代 :
「レギャン通りの、パドマ通りとのコーナー」 から、「Jari Menari」 まで : 17,500Rp.
(初乗り 5,000Rp.)

(掲載価格はすべて滞在時のもの)

Jari menari
「地球の歩き方」に載ってます。
D26 地球の歩き方 バリ島 2008~2009 (地球の歩き方 D 26)D26 地球の歩き方 バリ島 2008~2009 (地球の歩き方 D 26)
(2008/03/15)
地球の歩き方編集室

商品詳細を見る

theme : バリ島
genre : 海外情報

プロフィール

つなっぴ

Author:つなっぴ
今年もバリ島歴更新、
6回です。
また行きたいです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
カレンダー
10 | 2008/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。